芸術の丘から見えるベルギーグラン・プラスの市庁舎

ベルギーでの鉄道の乗り方(券売機での切符の買い方)

Pocket

ベルギーの現地で切符を買って鉄道に乗ろうと考えている方へ。券売機での切符の買い方や時刻表の見方を写真付きで説明します。

この記事では下記の内容をお伝えします。

本記事を書いている私は旅行大好きの30代地方公務員。休みの度に旅行へ出かけて47都道府県を制覇。海外にも出かけ、おすすめ観光スポットや旅行に役立つ情報を発信しています。

そんな私が「ベルギーでの鉄道の乗り方(券売機での切符の買い方」というテーマで記事を書きます。

1.ベルギーの鉄道駅には改札がない

まず知っておいていただきたいのは、ベルギーの鉄道駅には改札がないということです。

切符を買ったらそのまま列車に乗り、列車を降りたらそのまま駅を出て良いのです。改札があって当然の日本文化で暮らしてきた身としては少し戸惑いますが心配無用です。

代わりに、乗車中に乗務員が回ってきて切符確認をされるので頭に入れておいてください。その際に切符を買うこともできますが、追加料金がかかるので当たり前に切符を買っておくのが良いです。

2.ベルギーでの鉄道切符の買い方(券売機)

切符を買う方法は窓口購入とインターネット購入、券売機での購入があります。窓口は旅行客などで混雑することがあるので、券売機での購入方法を覚えるととても楽です。ちなみに、国際線の切符は普通の窓口や券売機では購入できず、専用窓口で買う必要があるのでご注意ください。

今回は、券売機での切符の買い方を紹介します。券売機設置駅では下の写真のとおりピンクのようなオレンジのような色の券売機が置いてあります。券売機がない場合は窓口での購入になるかと思います。

ベルギー鉄道の券売機
ベルギー鉄道の券売機
ベルギー鉄道券売機の言語選択画面
ベルギー鉄道券売機の言語選択画面

券売機はタッチパネルです。画面を覗くと言語選択画面になっています。理解不能な単語がずらっと並んでいます…どうやらフランス語表示になっているようなので、英語表示に変えます。右下の「EN」ボタンを押すと英語表示に変わります。

ベルギー鉄道券売機の券種選択画面
ベルギー鉄道券売機の券種選択画面

言語を選択すると、券種の選択画面に変わります。左側に「Standard Ticket」「Weekend Ticket」「Go Pass 1(-26)」「Senior Ticket(65+)」と表示してあります。

煩わしいことは考えず、とにかく切符が買えれば良いという方は「Standard Ticket」を選択してもらえば良いですが、できるだけ安くお得にという方は他の切符についても購入を検討してみてください。

「Weekend Ticket」は週末に往復チケットを買う場合、なんと半額になるというものです。週末なら利用しない手はないですね。ちなむに、Standard Ticketを週末に往復で買おうとすると「Weekend Ticketにしますか?」という感じの質問をされるので、その時点でWeekend Ticketを選んでも良いと思います。

「Go Pass 1(-26)」は26歳未満ならベルギーのどの駅へも6.4€で行けるチケットで、「Senior Ticket(65+)」は65歳以上ならどの駅へも6.5€で行けるチケットです。近距離の駅だとStandard Ticketのほうが安くすむかもしれないので、予め料金を確認してみてください。

ここからはStanndard Ticketを購入する場合の操作手順になります。

ベルギー鉄道券売機のルート選択
ベルギー鉄道券売機のルート選択

出発駅(Departure station)と到着駅(Arrival station)の選択画面です。出発駅の欄には今いる駅名(BRUXELLES-CENTRAAL)が入るようになっていますが、右側の「Change」ボタンで変更可能です。

到着駅が空欄になっているので選択していきます。アントウェルペンやブルージュなどの主要駅は下に表示されていますが、他の駅は表示されていないので検索するため「Change」ボタンを押します。

ベルギー鉄道券売機での駅選択画面
ベルギー鉄道券売機での駅選択画面

キーボード表示されるので、駅名を入力していきます。ある程度入力すると上に候補が表示されて選べるようになっています。

ベルギー鉄道券売機の選択した駅
ベルギー鉄道券売機の選択した駅

ブリュッセル南駅(BRUXELLES-MIDI)駅を選択し、到着駅の欄が埋まったので、次へ行きます。右下の「Next」ボタンを押します。

ベルギー鉄道券売機の詳細画面
ベルギー鉄道券売機の詳細画面

詳細内容の選択画面です。画面左上は片道(Single)か往復(Return)かの選択、左下は搭乗日、右上は車両等級の選択で2等(Second class)と1等(First class)があります。右下は人数の選択です。

等級による違いはシートの材質や広さなどにありますが、そんなに大きくないですし、通勤時間帯など混雑するのが明らかな場合以外は2等で十分だと思います。

乗り込む際は、車両の側面に大きく等級の数字が書いてあるので、間違えないようにしてください。2等の切符なのに1等車両に乗ると車内での切符確認の際に追加料金をとられます。

詳細をすべて選択したら、右下の「Next」を押します。

ベルギー鉄道券売機の確認画面
ベルギー鉄道券売機の確認画面

支払い前の内容確認画面です。右上に料金が表示されます。内容に間違いないことを確認したら、右下の「Pay」ボタンを押します。

ベルギー鉄道券売機の支払い画面
ベルギー鉄道券売機の支払い画面

支払い画面に変わりました。カードか通貨を入れてくださいと表示されているので、券売機右側にあるコイン投入口とカード読込口を使います。

ベルギー鉄道の券売機での支払い口
ベルギー鉄道の券売機での支払い口

これが通貨投入口とカード読み込み口です。紙幣は使用できません。

カード支払いの場合は緑の画面にパスワード(PIN)を入力してくださいとか、カードを抜いてくださいなどの指示が表示されますので従ってください。

支払いが済むと発券され、購入完了です。

3.ベルギーでの鉄道時刻表の見方

切符を買ったは良いけど、何時にどの乗り場で何処行きの列車に乗れば良いの?となった場合には、素直に駅員さんに聞くか、駅に設置されている時刻表を見ましょう。

ベルギーの駅にも日本と同じように電光掲示板発があり、行先と発車時刻が表示されるのですが、公用語が3つ(オランダ語、フランス語、ドイツ語)あるベルギーの電光掲示板はひっきりなしに表示が切り替わってとても見づらいです。

また、何処行きの列車に乗れば良いかというのは電光掲示板を見てもわかりません。

というわけで時刻表を見れるに越したことはありません。

ベルギー鉄道の時刻表
ベルギー鉄道の時刻表

写真はブリュッセル中央駅(BRUXELLES-CENTRAAL)の時刻表です。大きな黄色いボードに小さな字がびっしり書いてあります。

出発時刻順に並んでいて、左に出発時刻、真ん中に到着駅、右に乗り場番号が書いてあります。

私はブリュッセル中央からグロートベイハールデン城に行こうと思って駅に来たのですが、次の列車の時間がわからず時刻表を見ました。

写真の中央に「Groot-Bijgaarden」とあるので、13:01発のAlost行きの列車に、1番乗り場から乗れば良いということがわかります。

結局、出発まで1時間以上あることが分かったので近くの喫茶店で休憩することにしました。

以上、ベルギーでの鉄道切符の買い方について紹介しました。ツアーやインターネット購入を利用すれば不要な情報だったかもしれませんが、いざというときや思いつきのまま自由に旅行したい場合には役立つのではないかと思います。

Pocket