JGCワープ申請のデメリットは?

2019年10月20日

JGCのワープ申請を考えている方へ。

Left Caption
ワープ申請すれば、JGCに普通より早く入会できるらしいけど、早いメリットの代わりに何かデメリットはあるの?」

そういった疑問にお答えします。

本記事では以下の内容を解説します。

本記事を執筆している私は現在JGC会員ですが、入会時にワープ申請は行いませんでした。その理由は、他でもないワープ申請のデメリットを受けないためだったのです。

デメリットを回避したと安心していた私ですが、その後ある失敗を犯していることにも気が付きました。

そういうわけで、今回は「JGCワープ申請のデメリットは?」というテーマで、私の失敗に対する反省も踏まえて記事を書いていきます。

1.JGCワープ申請のデメリットは?

1-1.そもそもJGCワープ申請とは

JGCワープ申請のデメリットをお話する前に、そもそもJGCワープ申請がどういったものかをお話します。

JMBサファイアを達成した人が、より早くJGC(JALグローバルクラブ)会員になるために通常の流れを飛ばして(ワープして)入会申請することをJGCワープ申請と言います

まず、JGC会員になるための通常の流れについて説明します。

JGCへの入会条件である、JMBサファイアを達成した人に、JMBサファイアカードと一緒にJGC入会申込書が届きます。この申込書に必要事項を記入して提出すると、JGCに入会できます。

以上が通常の入会の流れです。

ワープ申請では、JMBサファイアを達成し、サファイアカードと入会申込書が発送されるその前に、入会申込書だけを発送してもらうことで、より早くJGCの入会申請ができるのです。

また、ここ数年でインターネットからも申請ができるようになったので、入会申込書が発送される前にインターネットで申込することもワープ申請と言えます。

では次に、本題であるJGCワープ申請のデメリットについて解説します。

1-2. デメリットはカードが貰えないこと

JGCワープ申請のデメリットは、JMBサファイアカードが貰えないことです。

ワープ申請すると、入会申込書と一緒に送られてくるはずだったJMBサファイアカードは貰えず、代わりにJGCサファイアカードが送られてきます。

送られてきた実物写真がこちら。

JMBサファイアカード
JMBサファイアカード
JGCサファイアカード
JGCサファイアカード

お わ か り い た だ け た だ ろ う か …

JGCサファイアカードの中央にはJGCのロゴが入っていて、JMBサファイアカードにはそれがありません。

どちらのカードを持っていても効力は同じなので、ただ単にJMBサファイアカードが貰えないというだけです。カード本体に興味がない方は何も気にせずワープ申請して良いと思います。

ただ、JMBサファイアカードもJGCサファイアカードも両方手に入れたいという方は、ワープ申請すべきではありません。

なぜなら、一度JGC会員になったら、退会するまでJGCステイタスカードしか貰えないからです。

ステイタスは搭乗実績によって変わるので、ステイタスが変わる都度カードが送られてくるのですが、JGC会員でいる以上、送られてくるそれらのカードはすべてJGCステイタスカードなのです。

私は、JMBサファイアカードも手に入れたかったのでワープ申請はせず、入会申込書と一緒にカードが届いてからJGCに入会しました。

しかし、JGCに入会した後で気づいたのですが、これではすべてのJMBカードを揃えることができません。というのも、JMBステイタスカードにはあと、JMBダイヤモンドカードがあるからです。

JMBダイヤモンドカードも手に入れるなら、JMBダイヤモンドを達成し、そのカードが届いてからJGCに入会する必要があったのです。

これが私の失敗です。

というわけで、JGCワープ申請のデメリットはJMBサファイアカードとJMBダイヤモンドカードを手に入れられす、JMBステイタスカードを揃えられないことです。

長ったらしく書きましたが、カード本体に興味がない人にとっては本当にどうでも良いことですね。

2.JGCワープ申請の時期と方法は?

2-1.時期はホームページ上でステイタスが変わってから

JALのホームページで自分のサービスステイタスの確認ができますが、このステイタスがサファイアに変わってからでないと、ワープ申請はできません。

FOPや搭乗回数は、国内線であれば搭乗の翌々日には反映されるのですが、ステイタスの反映にはさらに時間がかかります。

例えば、1月1日のフライトでFOP50,000を達成し、1月3日にFOP50,000が表示されても、ステイタスはクリスタルのままで、その数日後になってやっとサファイアが表示されたりするのです。

そして、ワープ申請が可能なのはこの、ホームページ上でサファイアが表示された後なのです。

2-2.方法は電話かインターネット

ホームページ上でステイタスが反映されたら、電話かインターネットで申込ができます。

電話であれば、JGCの事務局に連絡をして書類を郵送してもらい、書類に必要事項を記入して返送するという流れです。

インターネットでの申込みは、事務局との書類のやり取りは不要なので短時間で処理できます。

「いやいや、私は直接事務局とやりとりして入会申請したいの!」という熱い情熱を持った人以外は、ネットでの申請が手間も時間もかからないのでおすすめです。

以上、JGCワープ申請のデメリットについて記載しました。結論としては、ステイタスカードを集めている人以外はワープ申請で受けるデメリットはないということです。

ワープ申請する際の参考になればと思います。