α7iiiにオススメの広角レンズ7選!【選び方も解説する】

α7iiiオススメの広角レンズ7選 選び方も解説
カメラ男子

α7iii用のおすすめ広角レンズを教えて欲しい。

そんな方に向けて、α7iiiにオススメの広角レンズ7つを紹介します。

選び方も解説するので、理解して納得の上レンズが選べると思います。

この記事の筆者は写真家兼ライターの「とも」です。

全国を旅して風景を撮影しながら、撮影機材に関する情報を発信しています。

そんな筆者はα7iiiとたくさんのレンズで撮影をしてきました。

豊富な経験をもとに、皆さんにピッタリの広角レンズをオススメできればと思っています。

ということで今回は「α7iiiにオススメの広角レンズ7選!【選び方も解説する】」というテーマで記事を書きます。

Sponsored Links

目次

α7iii用広角レンズの選び方

α7iii用広角レンズの選び方

まずはα7iii用広角レンズの「選び方」を解説します。

広角レンズと言っても、用途によって選び方が違うので用途ごとに解説します。

用途を分けるとこの3つになると思います。

  • 昼間中心で撮る
  • 夜景なども撮る
  • 動画を撮る

それぞれについて解説します。

ちなみに、この記事での広角レンズの条件ですが、焦点距離35mm以下とします。

広角レンズに決まった定義はないですが、一般的には35mmが広角と標準の境目。

この条件を前提にお話していきますね。

昼間中心で撮る広角レンズ

昼間中心であればレンズの明るさはあまり必要ないです。

単焦点なら開放F値2.8あれば十分。ズームだとF4.0でも良いくらい。

明るいレンズは大口径で重くなりがちですが、昼間中心なら小さくて軽いものを選んでOK。

値段も比較的安くなります。

ただし、強めのボケが欲しいなら話は別です。

ボケが欲しい人は開放F値が小さい明るいレンズを選びましょう。

夜景も撮る広角レンズ

夜景を撮るならレンズに明るさが必要となります。

目安として、単焦点なら開放F2.0以下。ズームでもF2.8以下という感じです。

値段も重さも大きくなりますが、これはしょうがありません。

ただ、明るくても比較的コンパクトなレンズが中にはあります。

撮影の負担を減らすため、重さに目を光らせましょう。

動画を撮る広角レンズ

動画を撮るなら、自撮りやジンバル運用を考えて軽量のものを選びましょう

思い切り軽量化するなら200g以下が良いと思います。

また、夜に動画を撮るなら明るさも必要なので、ちょっと大きいレンズになります。

夜撮影するとしても400gには収めたいですね。

ここまで、α7iii用広角レンズの選び方をお話しました。

まとめると

  • 昼中心なら安く抑えられる
  • 夜も撮るなら開放F2.0以下
  • 動画を撮るなら400g以下

という感じです。

ちなみに、α7iiiにはボディ内手ブレ補正がついているので、レンズの手ぶれ補正は気にしなくてOKです。

それでは、レンズの選び方を踏まえた「オススメの広角レンズ7つ」を紹介していきます。

α7iiiオススメの広角レンズ【昼用2選】

α7iii用広角レンズ 昼用

α7iiiにオススメの広角レンズ、まずは「昼用」を紹介します。

昼用と言っても、夜の撮影に全く使えないわけではないのでご安心ください。

それではいきましょう!

TAMRON 17-28mmF/2.8

  • 焦点距離 17〜28mm(ズーム)
  • 開放F値  F2.8
  • 重  さ 420g
  • 値  段 99,000円

超広角17mmから28mmまでをカバーするズームレンズ。

ズームでも開放F2.8の明るさがあるので、夜景撮影もできないことはありません。

重さも420gとズームにしてはかなり軽量。動画に使っても良さそうです。

周辺部の解像度落ちはあるようですが、汎用性は高めのレンズです。

SIGMA 35mm F2 DG DN

  • 焦点距離 35mm
  • 開放F値  F2.0
  • 重  さ 325g
  • 値  段 69,000円

35mmという、広角と標準のちょうど境目

20mm前後だと余計なものも映りやすいですが、35mmにもなると被写体にフォーカスして直感的に撮影できます。

SIGMAレンズということで解像感もアリ。シャープな写りをします。

開放F2.0の明るさなら夜景にも対応できますね。

広角の中でも、スナップ感覚で撮影したい人に向いてるレンズだと思います。

α7iiiオススメの広角レンズ【夜用3選】

α7iii用広角レンズ 夜用

続いて、夜景や星景撮影もできる広角レンズを紹介します。

開放F値が小さいレンズですね。

早速いきましょう!

SEL14F18GM

  • 焦点距離 14mm
  • 開放F値  1.8
  • 重  さ 460g
  • 値  段 179,000円

超広角14mmかつ開放F1.8という「星景撮って!」と言わんばかりのレンズ。

天の川もバッチリ撮れるし、夜景にも迫力が生まれます。

そんなスペックなのに460gしかありません。

最短撮影距離25cmなので、被写体に近づいて奥行きと立体感ある写真を撮ってもおもしろそうです。

軽量かつハイスペックなレンズですが、Gマスターレンズということで高額。

汎用性が高いわけではないので、用途が決まっている方にオススメ。

SIGMA 20mm F1.4 DG HSM

  • 焦点距離 20mm
  • 開放F値  1.4
  • 重  さ 950g
  • 値  段 119,000円

開放F1.4の強力な明るさを持つSIGMAレンズ。

20mmは超広角としては使い勝手が良く、広さ十分。高解像でもあります。

950gの重いレンズではありますが、三脚に据えてじっくり夜景や星景を撮影するのにオススメのレンズです。

SIGMA 24mm F1.4 DG HSM

  • 焦点距離 24mm
  • 開放F値  1.4
  • 重  さ 760g
  • 値  段 106,000円

こちらも開放F1.4の明るさを持つレンズ。

24mmは広角の中でも標準的で、各メーカーが必ず出すような画角です。

他社に負けじと高性能レンズも多いですね。

星景を撮るにはちょっと物足りない画角ですが、その分汎用性は高く、歪みや周辺の解像度落ちも抑えられています。

SIGMA20mmと比べて200g軽いので、持ち運びの負担も少し軽減。

α7iiiオススメの広角レンズ【動画用2選】

α7iii用広角レンズ 動画用

最後に紹介するのは動画撮影にオススメの広角レンズです。

軽量かつ高性能なものを2つ選びました。

それではいきましょう!

SEL20F18G

  • 焦点距離 20mm
  • 開放F値  F1.8
  • 重  さ 373g
  • 値  段 116,000円

20mmということで、余裕を持って自撮りできる画角です。

開放F1.8の明るさがあるのに373gの軽量なので、夜の動画撮影に最適。

SONY純正のGレンズということで映りも文句なしです。

SEL24F28G

  • 焦点距離 24mm
  • 開放F値  F2.8
  • 重  さ 162g
  • 値  段 72,000円

焦点距離24mmは使い勝手良し。

α7iiiの「Super35mmモード」なら標準域の焦点距離36mmになるので、また違った印象の画角となります。

Gレンズの解像度と優しいボケを持ちながら、162gという超軽量には驚き。

ジンバルに乗せて散歩やアウトドアな動画を撮ると良いと思います。

明るさは抑えめですが、日中の動画用広角レンズとしては最強かも。

筆者も愛用しているレンズです。

α7iiiオススメの広角レンズ まとめ

α7iii用広角レンズ まとめ

今回はα7iiiにオススメの広角レンズ7選を紹介しました。

最初にレンズの選び方を紹介しましたが、まとめるとこんな感じ。

  • 昼中心なら安く抑えられる
  • 夜も撮るなら開放F2.0以下
  • 動画を撮るなら400g以下

これらを踏まえて、次の7つのレンズを紹介しました。

  • TAMRON 17-28mmF/2.8
  • SIGMA 35mm F2 DG DN
  • SEL14F18GM
  • SIGMA 20mm F1.4 DG HSM
  • SIGMA 24mm F1.4 DG HSM
  • SEL20F18G
  • SEL24F28G

用途に合わせて選んでもらえればと思います。

撮るものが決まっていない人や万能なレンズが欲しいという人は『SEL20F18G』がオススメ

開放F1.8の明るさがありながらジンバル運用もできるコンパクトさを持っています。

ぜひ参考にしてみてください。

以上、α7iiiにオススメの広角レンズについての記事でした。

この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる