SONYα7Ⅳの「4K60P」は1.5倍クロップ。対策はコレ![Super35mm]

カメラ男子

SONYα7Ⅳは4K60P撮影ができるらしい。でもクロップで画角が狭まるのがちょっと、、、。

仰るとおり、α7Ⅳの4K60Pは「Super35mm撮影」なので、実質1.5倍のクロップがかかってしまいます。

1.5倍クロップは結構大きくて、24mmの広角レンズも36mmの標準域になってしまうほど。

ということで、この記事では4K60Pでも快適に撮影できる方法をお伝えします。

この記事を書いているのは写真家兼ライターの「とも」です。

全国を旅しながら風景を撮影したり、撮影方法や機材について情報発信しています。

SONYカメラでたっぷり撮影してきた筆者なので、皆さんに役立つ情報をお伝えできると思います。

ということで今回は「SONYα7Ⅳの4K60Pは1.5倍クロップ。対策はコレ!」というテーマでお話します。

Sponsored Links

目次

α7Ⅳの4K60Pクロップ対策はコレ!

α7Ⅳの4K60Pクロップ対策は『画角の広いレンズを選ぶ』しかありません。

ただ、フルサイズ機用のレンズって高額なので、「クロップ無し用」と「クロップ用」でレンズを持っておくのはなかなか厳しいです。

ということで考えたクロップ対策はコチラ。

  • 超広角をカバーするズームレンズを使う
  • クロップ用にAPS-C用レンズを使う

それぞれについてお話しますが、先にお伝えしておくと2つ目の対策がオススメです。

ではいきましょう!

超広角をカバーするズームレンズを使う

超広角から広角をカバーするズームレンズを持っておけば、クロップの有無に応じて画角を変えられます。

ただ、1.5倍クロップで広角から望遠域までカバーできるズームレンズは無いと思うので、望遠域も撮りたい場合はレンズ交換する必要があります。

また、超広角ズームは高額で重いものが多いので、色んな意味で負担はありそう。

4K60PではAPS-C用レンズを使う

4K60P撮影ではAPS-C用レンズを使うというのもアリだと思います。

そもそも4K60Pでクロップされるというのは「Super35mm撮影」だからです。Super35mmとはAPS-Cの動画版みたいなものなので、APS-C用レンズがバッチリ使えます。

(通常、フルサイズ機にAPS-C用レンズをつけると「ケラレ」が出ますが、Super35mmなら出ません。)

また、APS-C用レンズなら比較的安くで買えるし、16-70mmなどのズームレンズを使えば広角24mmから中望遠の105mmまで撮れます。

すでにAPS-C機を持っている人はそのまま使えて嬉しいですね。

ということで、個人的にはこちらの案をオススメします。

対策がわかったところで、続いてオススメのレンズも紹介します!

α7Ⅳの4K60Pクロップに耐えられるレンズ

α7Ⅳの4K60Pクロップ対策にオススメのレンズはコチラです!

  • SEL1224G(フルサイズ)
  • SEL1635Z(フルサイズ)
  • SEL1018(APS-C )
  • SEL1670Z(APS-C)
  • SIGMA16mmF1.4(APS-C)

それぞれについて紹介します!

ちなみに、焦点距離は1.5倍クロップした場合の数値も載せてるのでご参考に。

TAMRON17-28mmF/2.8(フルサイズ)

  • 焦 点 距 離:17-28(26-42)
  • 開 放 F 値 :F2.8
  • 手ぶれ補正:なし
  • 重   さ:420g
  • 値   段:103,000円

まず先にフルサイズ用レンズを2つ紹介します。1つ目はTAMRONの広角ズームレンズ。

開放17mmというちょっと珍しいレンズですが、4K60Pクロップでも26mmだし、フルサイズとしては軽めの420gなので自撮りも比較的楽にできます。

さらにはF2.8の明るさもあるので、夕方から夜にかけての撮影もできそうですね。

価格は10万円ほどですが、フルサイズ用の広角ズームではかなり安い方と思った方が良いです。

SEL1635Z(フルサイズ)

  • 焦 点 距 離:16-35(24-53)
  • 開 放 F 値 :F4.0
  • 手ぶれ補正:あり
  • 重   さ:518g
  • 値   段:132,000円

フルサイズ用2つ目はSONYの純正レンズ。

TAMRONより値段も重さも上がりますが、Z(ツァイス)レンズの解像感は捨てがたいものがあります。

また、4K60Pでの画角、広角24mmから標準の53mmはかなり使いやすいと思います。

フルサイズ用レンズならコチラをおすすめします。

SEL1018(APS-C)

  • 焦 点 距 離:10-18(15-27)
  • 開 放 F 値 :F4.0
  • 手ぶれ補正:あり
  • 重   さ:225g
  • 値   段:74,000円

ここからAPS-C用レンズを3つ紹介します。

1つ目はSONY純正のSEL108です。

1.5倍クロップでも広角端15mmの超広角なので、映像に躍動感が出ます。

(画角が広いほど景色が流れやすく、スピード感が出ます)

手ぶれ補正もついてるし重さはTAMRONの半分ほど、値段はSEL1670Zの半分ほど。APS-Cの強みが活きてます。

SEL1670Z(APS-C)

  • 焦 点 距 離:16-70(24-105)
  • 開 放 F 値 :F4.0
  • 手ぶれ補正:あり
  • 重   さ:308g
  • 値   段:79,000円

APS-C用レンズの2つ目もSONYの純正で、コチラはZレンズ。

1.5倍クロップで広角端24mmから中望遠105mmまで撮影できて、とても使い勝手が良いです。

しかも、手ぶれ補正ありなので105mmでの撮影も安心。少し暗めではありますが、本格夜景撮影でもしなければ全く問題ありません。

4K60Pの担当はこのレンズ1本で良いと思います。

SIGMA16mmF1.4(APS-C)

  • 焦 点 距 離:16(24)
  • 開 放 F 値 :F1.4
  • 手ぶれ補正:なし
  • 重   さ:405g
  • 値   段:41,000円

最後に紹介するのは解像感に定評のあるSIGMAレンズ。

単焦点ではありますが、開放F1.4の強烈な明るさとクロップで24mmの画角は夜景撮影にバッチリ。というかこの上ないと思います。

単焦点にしては重めですが、約4万円とコスパもかなり高いのでオススメです。

α7Ⅳの4K60Pクロップ対策 まとめ

今回はα7Ⅳの4K60Pクロップ対策についてお話しました。

今回の内容は動画にもしてあるので良ければご覧ください。

結論としては『より広角のレンズを使う』しかないのですが、レンズの選び方には2つパターンがあります。

1つ目はクロップありでもなしでも使えるよう広角ズームレンズを用意すること。

2つ目は4K60P用にAPS-C用レンズを用意すること。

フルサイズ用の広角ズームは値段が高い上に望遠域まで対応できるものがありません。それに対してAPS-Cレンズなら広角から中望遠までカバーして、値段もお手頃。

個人的にはAPS-C用レンズを使うのがオススメです。

そして、4K60Pクロップ用にレンズを5つ紹介しました。筆者のオススメはAPS-C用の『SEL1670Z』です。

Zレンズの解像感を持ちながら、広い風景から動物まで映せるし手ぶれ補正もついています。

ぜひ参考にして4K60P撮影をより良いものにしてください。

以上、α7Ⅳの4K60Pクロップ対策にてついてでした。この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる