グランプラスが見えるホテルと写真

2019年10月19日

「グランプラスに近くておすすめのホテルはない?あとグランプラスの写真も見たい」そんなことを考えている方に。あるホテルでは屋上レストランで朝食をとりながらグランプラスを眺められます。そのホテルとグランプラスの写真を紹介します。

この記事では以下の内容をお伝えします。

この記事を書いている私は旅行が大好きな30代地方公務員。休みの度に旅行へ出かけ、47都道府県を制覇。

年に数回は海外にも出かけていて、おすすめスポットや旅行に役立つ情報をお知らせしています。

本記事では「グランプラスが見えるホテルと写真」というテーマで記事を書きます。

1.グランプラスの写真(朝焼け)

世界遺産グランプラスはベルギーの首都ブリュッセルの中心部にあり、世界で最も美しい広場のひとつと言われています。

石畳の広場を囲む精巧に造られた白い建物がその広場を世界一美しいと言わしめていますが、早朝のグランプラスではまた違う色合いです。

朝焼けのベルギーグランプラス
朝焼けのベルギーグランプラス

グランプラスのシンボルである市庁舎(写真左手)が朝焼けでオレンジがかっています。市庁舎は広場の西側に位置しているので朝日を綺麗に浴びてくれます。

日中は観光客でごった返す広場も早朝はとても静か。

でしたが、タイミング悪く広場の清掃が始まってしまいました。写真に写る緑色の車は清掃車で、大きなブラシで石畳を綺麗に洗います。あと数人の清掃員が掃き掃除をしていました。

ただ、清掃しているから広場に入れないとかそういうことはないので、邪魔にならないよう気をつけるとか、写真に清掃車が入ってしまうとかその程度です。

ちなみに写真を撮ったのは2019年5月5日の朝6時頃です。

朝焼けのベルギーグランプラスの市庁舎
朝焼けのベルギーグランプラスの市庁舎

市庁舎の近景です。昼間真っ白だった建物が影のコントラストもあって何か荘厳な雰囲気に。

逆に、市庁舎の正面にある王の家などはまだ日が入らず暗いままです。

ホテルレストランから見たグランプラス
ホテルレストランから見たグランプラス

こちらは市庁舎の遠景。

実はこれはホテルの最上階レストランから撮影したものです。

このホテルの最上階はガラス張りで、ブリュッセルの街並みを眺めながら朝食が食べられるのでとてもおすすめです。私もこの景色を目当てにホテルを選びました。

昼のグランプラス、夜のグランプラスも十分綺麗ですが、人が最も少ない朝焼けのグランプラスは私一番のおすすめです。

下の記事では昼間と夜ライトアップされたグランプラスの写真をたっぷり載せているのでよければ見てください。

ベルギーのグランプラスに行ってきたので画像載せときますね

2.朝焼けのグランプラスが見られる時間帯は?

日の出時間を狙い、天気が良ければグランプラスの朝焼けが見られます。参考にブリュッセルの日の出・日の入・日長をまとめた表を載せておきます。

日付日出日入日長
1月1日8:444:478h2m
2月1日8:185:349h16m
3月1日7:266:2310h57m
4月1日7:178:1512h57m
5月1日6:159:0314h47m
6月1日5:349:4616h12m
7月1日5:339:5916h26m
8月1日6:099:2815h19m
9月1日6:568:2813h31m
10月1日7:437:2111h37m
11月1日7:345:179h42m
12月1日8:234:408h17m

3.朝焼けのグランプラスを臨めるホテル

上述したとおり、グランプラスの市庁舎を少し離れた位置から臨めるホテルがあります。

フロリスアルルカングランプラスホテル(Floris Arlequin Grand Place Hotel)という3つ星ホテルで、グランプラスからなんと150mの位置にあります。

真新しい豪華な建物というわけではありませんが、立地とレストランからの眺めがこのホテルの強みです。朝・昼・夜好きな時にグランプラスを訪れることができますし、近くのスーパーで地元の食料品を買ってみたりするのも良いのでは。

以上、グランプラスが見えるホテルについて記事を書きました。本記事を参考に、ぜひグランプラスへ行ってみてください。