チャンギ空港ディナタラウンジに行ってきました

2019年10月12日

シンガポール旅行の帰り、チャンギ空港のJAL指定ラウンジであるディナタラウンジを利用しました!こちらは航空会社の運営するラウンジではなく、ワンワールド系ラウンジではありません

JAL指定ラウンジということで、「プレミアムエコノミークラス以上」で搭乗する方や、「サービスステイタスサファイア以上」、「JGC会員」が利用できます。また、JAL便に乗らなくても「プライオリティパス」などがあれば利用できるようです。

チャンギ空港2階のラウンジ受付です。搭乗券を提示して入室します。それにしてもチャンギ空港は独特の甘い香りがして好きです。何の香りだろうか。

中はこんな感じ。色使いがカッコ良い!幅はそこまでないですが、奥行きがあってかなり広いです。

二人掛けソファもあって、横になってる人もいました。ソファの高さや柔らかさがちょうど良くて、過ごしやすかった印象です。遅い時間になるにつれて人が増えていきました。

ソファーのひじ掛け下にはコンセントがあります。日本のコンセントプラグにも対応してるので安心。

大半がソファー席ですが、カウンター席やテーブル席もあります。シャワー室もありますが、1室にシャワーとトイレがセットになっているのでちょっと微妙な気分になりました。あとドライヤーが掃除機のホースみたいな形でおもしろいです(笑)ぜひ一度使ってみてください。

軽食コーナーを見ていきます。サラダ類とパンです。

こちらはココナッツライスにピーナッツやタンドリーチキン、甘辛いカレー的なソースをかけていただきます。美味しかったので何杯もいただきました!結局何だったんだろ?カレーで良いのかな?

セルフで作るハンバーガー。牛肉ではなくて鶏肉でした。写真左手のケチャップやチリソースをかけていただきます。チリソース美味しかったです。

これもいったい何だったのか。チジミとお好み焼きを混ぜたような不思議な味と食感。決して不味くはないです。

その他デザートもありましたし、JAL指定ラウンジだからか「日本カレー」なるものも出てきましたが、ごはんがパサパサであまり美味しくはなかったです。やはり日本のものは日本で食べるべきですね。

ドリンクコーナーには各種アルコールもあります。冷えた白ワインをいただきました。冷蔵庫には缶ジュースやビールがありました。シンガポールが販売拠点のタイガービールもあります。さっぱりしてて飲みやすいビールですよ。

こちらソフトドリンクサーバー。日本でも飲まれているものがほとんどですね。

コーヒーも飲めます。

以上、チャンギ空港のディナタラウンジをご紹介しました!本当はカンタス航空ラウンジの評判が良いのでそちらでゆっくりするつもりでしたが、とんでもない人の数だったので、逃げ出してこちらに来ました。カレーが美味しかったし、居心地良くてゆっくりできたのでまた来たいと思います。

場  所:チャンギ空港第1ターミナル3階
時  間:24時間
利用条件:JALファーストクラス、JALビジネスクラス、JALプレミアムエコノミークラス、JALエコノミークラス(Flex Y運賃)、プライオリティパス、ラウンジキー、ダイナースクラブカード、その他航空会社の利用など…