JALのフライポイントの使い方

2019年10月11日

フライオンポイントの使い方を調べている方へ。

「飛行機に乗ってたら、マイルとは別にフライオンポイントっていう謎のポイントが貯まってた。せっかく貯まってるから使い方教えて?」

そんな疑問にお答えします!

この記事では下記内容をお伝えします。

この記事の筆者は旅行大好きの30代ブロガー。

飛行機旅では専らJALを利用して、ある時期には100,000以上のフライオンポイントが貯まっていました(というか貯めました)。

そして、そのおかげで飛行機旅がさらに充実したものになりました。

フライオンポイントの恩恵をたっぷり受けた私なので、信頼できる情報をお伝えできると思います。

それでは本題に移って「JALのフライオンポイントの使い方」というテーマでお話します。

1.JALのフライオンポイントの使い方

1-1.サービスステイタスの取得

結論からお話します。

フライオンポイントは使えません

使い方を調べにきたのにそれはないだろ!と思われるかもしれませんが、残念ながら使えません。

じゃあ、一体何のためにあるのか?

フライオンポイントはサービスステイタスを取得するためだけにあるポイントです

サービスステイタスを取得するのには「フライオンポイント○○以上」という条件が設定されていて、必要だけど使えるわけではないのです。

ここで、ご存知ない方もいるかもしれないのでサービスステイタスについて解説していきます。

1-2.サービスステイタスとは?

サービスステイタスとは、持っているといろんなサービスが受けられる、JALの上級会員証みたいなものです。

どんなサービスがあるかというと、預ける荷物の上限が増えたり、ラウンジが使えるようになったり、貰えるマイルが増えたりと様々。

ちなみにJALのラウンジってこんなところです。

成田空港のJALファーストクラスラウンジ
成田空港のJALファーストクラスラウンジ
鹿児島空港サクララウンジ
鹿児島空港サクララウンジ
羽田空港のJALラウンジ
羽田空港のJALラウンジ

ラウンジではドリンクが飲み放題で、生ビールもあります。(サーバーから自分で注ぎます)

この快適環境で仕事するもよし。お酒を飲みながらゆっくりするもよし。といった感じ。

話を戻します。

サービスステイタスには種類があり、それに応じてサービス内容も変わります。

冒頭、私が100,000ポイント貯めた話をしましたが、100,000ポイントはダイヤモンドステイタスの達成条件です。

ダイヤモンドは最上級のステイタスなので、サービスも素晴らしいです。マイルが2.3倍とか、マイルの有効期限が無限になるとか、ファーストクラスラウンジが使えるなどなど豪華な内容ばかりです。

しかし、サービスを受けられるのは良いけど、ステイタスの取得にはかなり費用がかかります。

1番簡単に取得できるクリスタルで30,000ポイント必要なのですが、これを貯めるにも数十万円かけて飛行機に乗る必要があります。

お金も時間もかかるので、サービスステイタスを目指して飛行機に乗ることを「修行」と言ったり、修行する人を「修行僧」と言ったりします。

サービスステイタスの種類やサービス内容は下の記事にまとめています。

JALのサービスステイタスとは?

サービスステイタスには有効期限があるので、サービスを受け続けるには毎年フライオンポイントを貯めなくてはなりません。

しかし、サービスステイタス以外にも同様のサービスを受けられ、しかも有効期限がないものがあります。

それはJALグローバルクラブです。

JALグローバルクラブについては下の記事で解説しています。

JALグローバル会員になるには【メリットも解説】

1-3.フライオンポイントの貯め方

サービスステイタスを取得するのにフライオンポイントが必要なのはお分かりいただけたと思いますが、この記事を読んでいる方には、フライオンポイントの貯め方をご存知ない方もいるのではないでしょうか。

ということで貯め方についても説明します。

フライオンポイントは飛行機に乗ると貯まります。あと、特典やキャンペーンでも貯まりますが、あまり多くはありません。

フライオンポイントの計算は下の式でできます。

FOP=フライトマイル×FOP換算率+搭乗ボーナス
区間マイルや利用運賃、搭乗クラスにより算出されます。日本国内線2倍
アジア、オセアニア線1.5倍
その他の国際線1倍
運賃によって加算されるポイントです。

JALの公式ホームページで簡単に計算ができるので、国内線と国際線で倍率が変わること、運賃によってボーナスが変わることなどをざっくり知っててもらえれば十分です。

2.フライオンポイントの効率的な貯め方

2-1.マイルとeJALポイントを利用する

これまでの内容を見て「サービスステイタスを取得したくなったけど、できるだけお金はかけたくない…」と思った方。

マイルとeJALポイントを上手く利用すれば費用を抑えられますよ。

eJALポイントは1ポイント1円として航空券やツアー代金に充てられるポイントです。そして、eJALポイントはマイルから10,000マイル→15,000ポイントのレートで交換できます。

つまり、マイルを貯めてeJALポイントに交換し、飛行機に安く乗ることでフライオンポイントを効率的に貯められます

せっかくなので、筆者おすすめのマイルの貯め方もご紹介します。

JALカード特約店とショッピングマイル・プレミアム

ショッピングマイル・プレミアムはJALカード年会費に3,300円(税込)で付けられるオプションで、買い物で貯まるマイルが2倍になるというもの。

そして、JALカード特約店は貯まるマイルが2倍になるお店。

この2つを組み合わせれば、貯まるマイルは4倍になります。JALカード特約店にはAEONやENEOS、マツモトキヨシなど、身近なお店がたくさんあるのでぜひ利用してみてください。

当たり前ですがJALやJALショッピングも特約店なのでマイルが2倍貯まります。

JAL 日本航空 国内線航空券 JALショッピング

JALツアープレミアムを上手に使う

JALツアープレミアムはJALカード年会費プラス2,200円(税込)で付けられるオプション機能です。

先得やツアーなどの割引運賃は、安い代わりにマイルの積算率が低く設定してあるのですが、JALツアープレミアムを利用すればマイル積算率100%で割引運賃が使えます。

年に1,2回しか飛行機に乗らない方にはおすすめできませんが、これからステイタス修行しようという方にはきっと役立ちます。

ただ、適用外の運賃もあるので注意が必要で、国際線だと積算率30%のエコノミークラスQ,Nは対象外。国内線だと積算率75%の特便割引などが対象外です。

筆者がよく利用するのは国際線エコノミークラスの積算率50%運賃や、国内線ダイナミックパッケージなどです。参考にリンクを貼っておきます。

JAL 日本航空 国際線航空券

2-2.カード特典を活用する

フライオンポイントを貯める方法は、飛行機に乗る以外では特典やキャンペーンなどを活用するしかありません。

筆者が利用したのはJALカードの年初回搭乗時5,000ポイントキャンペーンやJAL CLUB ESTの年初回搭乗時2,000ポイント特典などです。

キャンペーンには期間がありますし、JAL CLUB ESTは20代限定カードなので、利用できない方も多いと思います。

ただ、活用できれば修行の負担を少なからず減らすことはできますので、JALのホームページなどでこれらの情報収集をしてみるのも良いと思います。

以上、JALのフライオンポイントの使い方というテーマでお話しました。

簡単にまとめると、フライオンポイントに使い道はありませんが、ステイタスを達成するには必要で、マイルを使えばフライオンポイントを安く貯められる。

といった内容でした。

ステイタスに興味がある方はぜひ参考にして、頑張ってフライオンポイントを貯めてください。