Panasonic LEDネックライトをレビュー【他のライトと比較も】

Left Caption
「Panasonic LEDネックライトを買おうか迷ってます。使ってる人のレビューが見たいな。あと、他のライトと比較もしたい、、、」

結論から言って、Panasonic LEDネックライトは非常におすすめのアイテムですが、レビュー記事が少なくて買って良いか迷いますよね。

と言うことで、購入を検討中の方に向けて、このレビュー記事を書きました。また、記事の後半では他の商品と比較もしていきます。

この記事では下記内容をお伝えします。

Sponsored Links

この記事の筆者は、Panasonic LEDネックライトをキャンプや登山、夜景撮影などに愛用していて、使用歴は3年以上になります。

『言うことなしのアイテム』なので、買い替えは考えていませんが、他の商品もばっちりリサーチしてこの記事を書いております。

ということで今回は「Panasonic LEDネックライトをレビュー【他のライトと比較も】」というテーマで記事を書きます。

1.Panasonic LEDネックライトをレビュー

Panasonic LEDネックライトをレビュー

早速、Panasonic LEDネックライトをレビューします。

今回は下記の項目に分けてレビューしていきます。

  • 使いやすさ
  • 耐久性
  • 電池交換の手間
  • 価格

それではいきましょう。

使いやすさ

このネックライトの使いやすさは抜群です。と言うより使いやすさが一番の売りだと思います。

首に掛けてボタンを押すだけで明かりが確保でき、両手が塞がらないのでアウトドアやウォーキングなどに最適です。

Panasonic LEDネックライトの付け方

身に着けるには写真右の球を左の輪っかに入れるだけでOKです。

「これだけじゃ動いたり軽く引っ張るだけで取れそう」と思う方もいるかもしれませんが、全く取れません。

樹脂の摩擦で全然ズレないので、走ったり飛び跳ねるくらいじゃ取れないのに、外すのは簡単にできてしまいます。

Panasonic LEDネックライト

あと、ライトの向きが絶妙で、首にかけた時に真下ではなく斜め下を向くので、足元から自分が歩く先まで照らしてくれます。

この向きは手元で作業するときにもピッタリ合うので非常に便利。予備の電池とセットで持っていれば「非常用グッズ」としても役立つと思います。

耐久性

このネックライトは耐久性も良いです。筆者も結構荒めに使ってます(苦笑)

首掛け部分は強い樹脂で耐久性は問題ないですし、ライト部分も踏んだり強く投げたりでもしないと壊れません。

ライト部分の周りは樹脂でキッチリ覆われているので雨に濡れても平気です。

ただ、電池交換の際にはライト部分を取り外す必要があるので、密着しているのがちょっと仇になったりします。

電池交換の手間

このネックライトの悪い点を挙げるならそれは「電池交換の手間」でしょう。

と言ってもコツさえ掴めば簡単なので、購入後はまず電池交換の方法を予習しておくと良いです。

Panasonic LEDネックライトの電池交換

写真のように、首掛け部分からライトを外せば電池が交換できます。このライトを外すのにちょっとコツが要るのです。

電池交換の詳しい方法については下記記事で解説していますし、動画を見てもらえればすぐ理解できます。

Panasonic LEDネックライトの電池交換方法を解説

価格

筆者が使用している強弱切替ありのネックライトは1,900円ほどで、切替の無い物は1,300円ほどで売っています。

参考にamazonのリンクを貼っておきます。

パナソニック LEDネックライト 強弱切替え機能付 パナソニック LEDネックライト ホワイト

ネックライト1つで筆者は、「キャンプ、登山、夜景撮影、夜道の歩行、非常時の備え」に役立てているので、『性能も価格も揃ってるので買わない手はない』と心底思います。

以上、Panasonic LEDネックライトをレビューしました。

結論としては、『使い易くて場面も選ばず、価格もお手頃なアイテムなので買って損はない』といった感じです。

続いて「他の商品も比較したい」と言う方向けに、似た用途で使えるライトをリサーチしたのでご紹介します。

2.Panasonic LEDネックライトと他のライトを比較

Panasonic ledネックライトと他の商品を比較

Panasonic LEDネックライトと似た場面で使えるライトを紹介します。

実は、「ネックライト」と言う商品はPanasonic以外であまり販売されておらず、あったとしても読書用などです。

今回は「もっとアウトドア寄りな物」とか「置いて使える物」などお探しの方に向けて紹介します。

ただ、毎日のお散歩や幅広い用途で使いたい方は、改めてネックライトをお勧めしておきます。

それではいきましょう。

Vantozon LEDランタン

「Vantozon LEDランタン」はUSB充電でも単三電池でも点灯する優れもの。

価格は2,000円前後です。

ランタン型なので置いたり吊るして使用できますし、横向きにすれば懐中電灯として使えます。大きさは350ml缶よりちょっと太いくらいなので、かなりコンパクトです。

ネックライトと比較すると、キャンプなどで特定の場所を広く照らすのに有利ですね。

amazonレビューもかなり高い、アウトドア好きにオススメできるアイテムです。

LEDランタン usb充電式 電池式 防水仕様

Litom LEDヘッドライト

「やっぱり両手塞がらないのが良い」と言う方に「Litom LEDヘッドライト」を紹介します。

価格は1,800円ほどです。

このライトの強みは明るさと安さで、同等の商品を登山メーカーで買おうとすれば5,000円近くするハズです。

明るさを3段階調節でき、強くすれば50m以上先も余裕で照らせます。単4電池で点灯するので重さも気になりません。

ネックライトと比べて照射距離や光の強さがかなり有利なので、本格的な登山などする方はこちらのヘッドライトを購入すると良いでしょう。

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き

以上、おすすめのライトを2つ紹介しました。どちらもアウトドア寄りな物だったので、普段の生活を中心に検討している方はPanasonicのネックライトがおすすめです。

パナソニック LEDネックライト 強弱切替え機能付

用途に合わせて、好きなライトを選んでください。

最後にこの記事のまとめです。

3.Panasonic LEDネックライト まとめ

Panasonic LEDネックライトまとめ

今回は「Panasonic LEDネックライトのレビュー」と「他の商品2つを比較」した記事でした。

ネックライトは電池交換方法が分かりづらいですが、コツを掴めば簡単なので、事前に交換方法を理解しておくことをおすすめします。

記事の中で動画も載せているのでそちらを見て貰えばすぐわかると思います。

他にもライトを見てみたいと言う方向けに、アウトドア用のライトを2つ紹介しました。ランタンとヘッドライトを紹介しましたが、どちらも評価が高くコスパも良いのでおすすめです。

自分の用途に合ったアイテムを購入してください。

以上、この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

Sponsored Links