『三戸城山公園』を訪れるなら桜の季節。写真やアクセスを紹介!

Left Caption
三戸城山公園って桜が綺麗らしいけど、どんなとこ?アクセスとかも知りたい。

そんな方に向けて、実際に桜満開の三戸城山公園を訪れた筆者が情報をお伝えします。

撮影した写真も載せているので、きっと行ってみたくなるハズ。

ということで今回お伝えする内容はコチラです。

Sponsored Links

この記事を書いているのは、写真家兼ライターの「とも」です。

全国を旅しながら風景写真を撮影したり、旅好きの皆さんに役立つ情報をお伝えしています。

そんな筆者は2021年4〜5月にかけて、東北と北海道の桜名所を巡っています。

その中で訪れた三戸城山公園は「素晴らしい展望」と「一面を覆う満開の桜」がある素敵なスポットでした。

今回は、その際に入手した情報をお伝えします。

ということで「『三戸城山公園』を訪れるなら桜の季節。写真やアクセスも紹介!』というテーマでお話していきます。

1.三戸城山公園の桜が満開

三戸城公園の桜が満開

三戸城山公園には約1600本の桜が植えられており、「ソメイヨシノ」に「ヤエベニシダレ」など種類も豊富でとても賑やか

筆者が訪れたのは2021年4月20日でちょうど満開でしたが、例年の見頃は4月下旬〜5月上旬

この年は全国的に開花が早かったので、三戸城山公園も1週間以上早く満開を迎えました。

青森には桜の名所が多いので、桜名所巡りをしたいところですが、みちのく三大桜名所の「弘前城公園」や桜名所100選の「芦屋公園」は津軽地方なので少し遠い感じ。

三戸城山公園がある南部地方だと、十和田市の『官庁街通り』八戸市の『三八城公園』があるので、こちらとセットでお花見してみてはどうでしょうか。

POINT

八戸城公園がある南部地方から津軽地方へ抜けるには2〜3時間かかります。桜の開花時期も津軽が数日だけ遅いので、南部地方で観光と花見を済ませてから津軽へ向かうと良いかも。

2.三戸城山公園の概要とアクセス

三戸城公園の概要とアクセス

三戸城山公園は青森県の南端、三戸町にあります。

三戸城は領主であった南部氏により築造されたお城ですが、調べた限り歴史を動かすような大きな出来事は起きていないようです。

しかし、河川の侵食や隆起で出来た高台立地のため展望が良く、桜や紅葉の美しさと相まって、魅力度の高い公園となっています。

県外での知名度はそこまで高くないので、青森の隠れた名所と言った感じですね。

公園内には糠部(ぬかのぶ)神社があり、南部藩初代藩主の光行公が祀られています。

町の天然記念物である大杉や、『ギョイコウ』という緑色の花を咲かせる珍しい桜も見られるので、ぜひ参拝していってください。

アクセスですが、青い森鉄道の三戸駅からは3.5kmほどあって徒歩は厳しいです。バス停も城山の下にあるのでこれまた厳しい。

山頂に広い駐車場はあるので、自家用車か駅からタクシーという選択になりそうです。

POINT

知名度はそこまで高くない「隠れた名所」という感じ。混雑は心配しなくて良さそうですが、公共交通機関でのアクセスが少し厳しいです。

3.三戸城山公園での撮影ポイント

三戸城公園での撮影ポイント

せっかくだから城と桜のセットを撮りたいところですが、正直難しいです。

桜はたくさんあるのですが、城壁で桜が隠れたり、松の木で城が隠れたりでなかなか良いポジションが見つからないからです。

しかし、園内は立派な桜が多くて種類も豊富なので、人物撮影(ポートレート)にはバッチリ。

枝垂れ桜の下に潜ったり、大きなソメイヨシノを見上げたシーンを撮ると良さそう。

神社の鳥居や階段もあるので、筆者じゃ城中心ではなくそちらにシフトしました。

POINT

桜いっぱいの公園なので、城とセットで綺麗に撮れるポジションがあれば言うことなしでした、、、

4.三戸城山公園で使用した撮影機材

三戸城公園の撮影機材

三戸城山公園の桜撮影に使用した機材はコチラです。

  • カメラ:SONY α7iii
  • レンズ:SONY SEL24F14GM
  • レンズ:SONY SEL90M28G

カメラは筆者の愛機『α7iii』で、レンズは「24mm広角」と「90mm中望遠」の2本です。

桜の木や城を下から見上げるように撮る時は広角レンズだと迫力と臨場感が出ます。

焦点距離が概ね35mm以下のレンズを広角レンズと呼びますが、その中でも24mmは歪みが少なくてとても使いやすいです。

その証拠に、ほとんどのメーカーで24mmという焦点距離のレンズが用意されていますし、筆者が使っている20mmのレンズは、4mm違うだけで周辺部の歪みが目につきます。

また、今回SEL90M28Gでは風景を中心に撮影していますが、中望遠画角はポートレートに適していると言われており、このレンズで人物撮影してもOK。

SEL90M28Gはマクロレンズなので、花の近景などは尚更OKです。

機材に興味がある方は、下の記事をどうぞご覧ください。

α7iiiをただオススメするだけの記事

α7iiiと一緒に使って欲しい単焦点レンズ【ズームも少し】

あと、動画も撮ってYouTubeにあげてみたのでよければコチラもどうぞ。

POINT

桜だけでも良い写真にはなりますが、桜を背景にして人物撮影すると、温かみが増してより良い写真になりますね。

5.三戸城山公園の桜 まとめ

三戸城公園の桜 まとめ

今回は三戸城山公園の桜についてお話してきました。

最後に筆者の独断と偏見で三戸城山公園を評価してみたいと思います。

  • 総合評価:4.2
  • 魅  力:4
  • アクセス:2
  • 混  雑:5
  • 料  金:5

青森の穴場的桜の名所です。

三戸城と桜を上手く撮れるポイントがないのが残念ですが、公園全体に広がる桜のボリュームはホントに感動します。(撮影ポイントも筆者が見つけられてないだけ)

アクセスについては、駅からタクシーを利用しなければいけなかったりと、良好とは言えません。

三戸城公園だけを狙って旅行するのは大変なので、十和田や八戸、三沢などと絡めて数日かけて車で旅行すると良いと思います。

桜だけでなく、紅葉時期も県内全体楽しめそうですね。

以上、三戸城山公園の桜についての記事でした。

この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。