東雲の里のあじさい園【鹿児島県出水市で見つけた絶景】

Left Caption
「鹿児島であじさいが見られるスポットを探したら東雲の里って出てきた。ここってどんなところ?写真もあったら見たいな。」

そんな疑問をお持ちの方へ向けた記事です。

この記事では下記内容をお伝えします。

Sponsored Links

この記事の筆者は旅行大好きの30代ブロガー。20代サラリーマンのうちにも暇があったら旅行へ出かけ、47都道府県を制覇しました。

筆者は鹿児島県出身ということもあり、県内の魅力あるスポットにも出かけ、情報を発信しています。

ということで今回は「東雲の里のあじさい園【鹿児島県出水市で見つけた絶景】」というテーマで記事を書きます。

1.東雲の里のあじさい園を写真で紹介

東雲の里(しののめのさと)には県内最大のあじさい園があります。

160種10万本のあじさい園は国内でも最大級で、6月上旬〜下旬に見ごろを迎えます。

訪れたのは2019年6月16日でちょうど見ごろ。この時期の鹿児島は梅雨のど真ん中なので天気には注意が必要ですね。

東雲の里遠景
東雲の里遠景

広い庭園にぎっしりとあじさいが植えられ、青や紫で染まっています。

東雲の里は出水市出身の「宮上誠さん」が本業とは別で荒れた山を開墾し、作り上げた庭園です。

ここまでの庭園を個人で作るなんてすごいですよね。

東雲の里の小道
東雲の里の小道
東雲の里のあじさい園
東雲の里のあじさい園

広い園内ではあじさいに覆われた道を散策したり、見晴らしの良いベンチでゆっくりしてみたり。いろんな楽しみ方ができそうです。

園内にはギャラリーもありますし、店主手打ちのお蕎麦屋さんもあるのでそれを目当てにくるお客さんも多いのだとか。

東雲の里の白あじさい近景
東雲の里の白あじさい近景
東雲の里のあじさい近景
東雲の里のあじさい近景

東雲の里には160種類のあじさいがあるので、花の色や形を見比べるのも楽しいです。

「こんな形のあじさいもあるのか…」と思いながら無意識にシャッターを切ってしまいました。

東雲の里のあじさい
東雲の里のあじさい

園内を隅々まで歩き回り、疲労困憊です。

あじさい園は斜面を開墾して作られているので急な坂道も多く、年配の方が歩くには少し大変かもしれません。

梅雨時期は足元がぬかるんだり滑りやすくなるので、動きやすく、比較的汚れても良い靴で来た方が良いでしょう。

以上、東雲の里のあじさい園を写真で紹介しました。4月初旬は桜、11月中〜下旬は紅葉が楽しめるようなので、次回はそれを楽しみにきたいと思います。

Sponsored Links

2.東雲の里のアクセスや入園料

東雲の里は鹿児島県出水市の上大川内地区にあります。

付近に鉄道駅は無く、自家用車でのアクセスが基本となります。かなり山奥にあるので狭い道路を通ることもありますし、個人が営んでいる園なので案内標識も少なめです。事前に場所をリサーチしてから行くようにしてください。

駐車場がありますが、あじさいや紅葉シーズンには混雑が予想されます。私が訪れた際もほぼ満車でした。

入園料などについては下記のとおりです。

  • 営業時間:9時〜17時
  • 休業日:不定休
  • 入園料(あじさい時期):中学生以上500円
  • 入園料:(紅葉時期):中学生以上300円

あじさい時期と紅葉時期以外は入園料は無料です。

3.まとめ

鹿児島県出水市にある東雲の里のあじさい園についての記事でした。

日本最大級のあじさい園では160種10万本のあじさいが楽しめますが、雨と地形を考慮して動きやすい靴や服装で行くようにしてください。

アクセスは基本的に車で、案内も少ないので事前に場所の確認をお願いします。

あじさい時期の入園料は中学生以上500円で、紅葉時期は300円、その他の時期は無料となっています。

以上、この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

Sponsored Links