SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Artをレビュー!【買って使ってみた】

2020年11月20日

Left Caption
「SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Artが気になってます。使った人のレビューが見たいです。」

そんな方に向けて、このレンズを使用した筆者のレビューをまとめてみました。

購入前の参考にしていただきたいと思います。

ということで、この記事では下記内容をお伝えします。

Sponsored Links

この記事の筆者は「旅×写真ブロガーとも」です。

全国を旅しながら、風景写真を撮影して生活しています。

そんな筆者が、SIGMA 20mm F1.4を半年使ってみた感想をレビューとしてお伝えします。

また、この記事に使用している写真は全てSIGMA 20mm F1.4で撮影したモノなのでそちらもご参考に。

ということで今回は「SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Artをレビュー!【買って使ってみた】」というテーマでお話します。

1.SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Artをレビュー

SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Artをレビュー

それでは早速、SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Artをレビューしていきます。

レビューは下記の項目に分けて行います。

  • 1.画角
  • 2.明るさ
  • 3.解像感
  • 4.大きさ・重さ
  • 5.値段

それではいきましょう!

1-1.画角

SIGMA 20mm F1.4の画角
SIGMA 20mm F1.4の画角

SIGMA 20mm F1.4の画角は『広角』です。

公園の高台から20mmで撮影すると、遠くの山々、空、街、公園の桜並木まで写すことができました。

「目の前に広がる景色全部写したい!」というような場面で20mmの画角は活きてきます。

1-2.明るさ

SIGMA 20mm F1.4の明るさ
SIGMA 20mm F1.4の明るさ

SIGMA 20mm F1.4は『かなり明るいレンズ』です。

開放F1.4以下のレンズってそう多くなくて、他のレンズでは感じ取れないような微細な光も写します。

星景撮影や蛍、夜景撮影でここぞとばかりに力を発揮します。

1-3.解像感

SIGMA 20mm F1.4の解像感
SIGMA 20mm F1.4の解像感

SIGMAレンズの特徴でもある『解像感』。

SIGMA 20mm F1.4も高感度抜群で、登山中に撮影した上の一枚では、草木の一本一本がハッキリ解像していて驚きました。

この解像感なら、α7Rシリーズのような高画素機で撮影しておいて、後でトリミングしても問題なさそう。

1-4.大きさ・重さ

SIGMA 20mm F1.4の大きさ・重さは下記のとおり。

  • 大きさ:径90.7mm×長さ15.6cm
  • 重 さ:1,055g

ハッキリ言って大きくて重いです。30代男の筆者もずっと首からぶら下げてるとしんどいです。

手軽に撮影を楽しむというより、それなりに質を求める人が使うレンズかも。

1-5.値段

SIGMA 20mm F1.4の値段は『109,000円』です。

比較的安いレンズの多いシグマですが、単焦点レンズでも10万超えとなりました。

ただ、コスパが悪いという話では全くなくて、この性能に対してこの価格なら完全に納得です。

筆者も買うときは躊躇しましたが、使っていて「やっぱり買ってよかったな」と思えています。

※キャノンEF、ソニーE、シグマSA、ニコンF用が選べます。

ここまで、SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Artのレビューをお伝えしました。

作例がもっと見たいという方は下記記事でもっとたくさん紹介しています。

SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Artの作例を紹介!

続いて、性能が近いライバルレンズを紹介するので、購入前の比較に活用してください。

2.SIGMA 20mm F1.4 のライバルレンズは?

SIGMA 20mm F1.4 のライバルレンズ

SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Artに性能の近いライバルレンズを紹介します。

紹介するのは『SEL20F18G』と『SIGMA 24mm F1.4 DG HSM Art』の2本です。

買って後悔しないよう、比較しながらレンズ選びして欲しいと思います。

それではいきましょう!

SEL24F14GM

SONYの純正レンズでも最高峰の「Gマスターレンズ」です。

スペックは下記のとおり。

  • 1.焦点距離:24mm
  • 2.開放F値 :1.4
  • 3.重  さ:850g
  • 4.値  段:175,000円

画角は20mmより狭い24mm。

24mmの「ちょうど良い広角」に、明るさはSIGMAと同じ開放F1.4。

200gほど軽量なのも良い感じ。

値段はGマスターということで高めの設定ですが、最高峰の解像度と美しいボケが手に入ります。(とは言え6万円の差は痛いか、、、)

SIGMA 24mm F1.4 DG HSM Art

こちらはSIGMAの24mmレンズ。

スペックは下記のとおりです。

  • 1.焦点距離:24mm
  • 2.開放F値 :1.4
  • 3.重  さ:660g
  • 4.値  段:100,000円

明るさは同じく開放F1.4で、660gとなかなか軽量。

解像感もあって間違いなく良いレンズですが、たった4mmの違いでありふれた写真に近づくような気がします。

24mmは先ほども言ったとおり「ちょうど良い広角」なので、筆者的にはダイナミックさに欠ける感じがするのです、、、

3.SIGMA 20mm F1.4 レビューまとめ

SIGMA 20mm F1.4のレビュー まとめ

以上、今回はSIGMA 20mm F1.4 DG HSM Artのレビュー記事でした。

重く大きく値段も高めの単焦点レンズだけど、20mmの広角に開放F1.4の明るさが加わって、このレンズならではの写真が撮影できます。

また、ライバルレンズとして『SEL24F14GM』『SIGMA 24mm F1.4 DG HSM Art』を紹介しました。

いずれもたった4mmとは言え画角が狭いので、筆者個人的にはダイナミックさが欠けるかなという感じです。

とは言え、どちらも高解像度だしSEL24F14GMに関しては、溶けるようなボケもあるので、開放でポートレートなどを撮っても楽しいかもしれません。

まだまだこのレンズについて詳しく知りたいという方は下記のまとめ記事をご覧ください。

SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Art まとめ!【レビューから作例まで】

以上、この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

Sponsored Links