【SONY新型カメラ】名前は『ZV-E10』でAPS-Cセンサー搭載のV-logカム?

ZV-E10はSONYの新型V-logカムでAPS-Cセンサー?
カメラ男子

SONYから新型カメラが発表されるらしいけど、どんなカメラだろう?

まだ正式には発表されていませんが、「ZV-E10」という名前のV-logカムで、センサーサイズはAPS-Cだと噂されていますね。

この記事では、現在噂になっている情報をまとめたいと思います。

この記事を書いているのは写真家兼ライターの「とも」です。

全国を旅しながら風景を撮影しています。

そんな筆者はSONY機ユーザーで、新製品情報も細かくチェックしております。

今回も新カメラ情報が飛び込んできたので、皆さんに共有しておきます。

ということで今回は「【SONY新型カメラ】名前は『ZV-E10』でAPS-Cセンサー搭載のV-logカム?」というテーマで記事を書きます。

Sponsored Links

目次

ZV-E10はAPS-C機のV-logカム?

ZV-E10はSONYの新型V-logカムでAPS-Cセンサー?

今噂されている「ZV-E10」のスペックをまとめるとこんな感じです。

  • 1.APS-Cセンサー
  • 2.レンズ交換式
  • 3.アクティブ手ブレ補正
  • 4.バリアングル液晶
  • 5.EVF(ファインダー)なし

それぞれについて考察していきます。

APS-Cセンサー

V-logカムということで、2020年に発売されているZV-1と比べることにします。

ZV-1は「1.0型センサー」という、スマホ以上一眼カメラ未満という小さめのセンサーサイズでした。

それに対してZV-E10はAPS-Cセンサーとの噂。

APS-CはSONYのミラーレス「α6400」やα「6600」にも使われており、フルサイズと並んで一眼カメラでポピュラーなサイズです。

大型のセンサーになることで、動画の背景がボケやすくなったり、暗所耐性が高まることが期待できます。

レンズ交換式

ZV-1がレンズ交換できなかったのに対し、ZV-E10はレンズ交換式と言われています。

ZV-1は焦点距離が換算24〜70mmだったのに対し、レンズ交換式となったことで好みの画角で撮影できます。

すでにEマウントレンズを持っていればそれも使えるので、既存のミラーレスユーザーもZV-E10を購入したくなるかもしれません。

ちなみにキットレンズは16-50mm(換算24〜75mm)と言われており、標準ズーム領域をカバーしています。

アクティブ手ブレ補正

アクティブ手ブレ補正は「光学手ブレ補正」に加えて「電子手ブレ補正」も加えるものです。

ハード+ソフトという感じですね。

ZV-1にも搭載されていましたが、ミラーレスでは『α7Siii』などの一部フルサイズ機にしか搭載されておらず、APS-C機ではZV-E10が初めてとなります。

既存のミラーレスユーザーが購入する決め手になりそうです。

バリアングル液晶

液晶パネルが横に展開して回転する「バリアングル式」は、自撮り動画撮影に重宝します。

横展開しない「チルト式」だとカメラ上部のマイクなどと干渉してしまうからです。

ZV-1もバリアングル式でしたが、ミラーレス機ではα7Siiiなどの一部フルサイズのみ。

APS-C機ではこれまたZV-E10が初となりそうです。

EVF(ファインダー)なし

EVFは電子ビューファインダーのこと。

片眼で覗くあのファインダーがZV-E10には無いということです。

スチル(写真用)カメラだと、ファインダーを覗いてじっくりピント合わせなどを行いますが、ムービーでは液晶モニターの確認が主になります。

フルサイズの動画機『FX3』にもEVFはありません。

つまりはZV-E10は専らの動画機ということですね。

ここまで、ZV-E10のスペックについてお話ました。

あくまで噂の段階ですが、これらを見る限り完全な動画機だと想像できます。

では、ZV-E10の本当のスペックはいつわかるのでしょうか?

ZV-E10と思われる新カメラの発表(YouTubeリンクあり)

ZV-E10と思われる新カメラの発表

SONYストアホームページに、新カメラのページが用意されています。

新カメラは2021年7月7日23時に発表となるようです。

YouTubeにて公開されるようなので貼っておきます。

(※2021年7月6日追記 突然7月7日の発表が延期になりました。YouTubeの発表ページも見れなくなっています。)

発表ページに載っていたモフモフは風切音を低減する「ウィンドジャマー」なので、動画機が発表されるのはほぼ間違いないです。

また、ZV-1にはウィンドジャマーが付属されていましたから、後続機である可能性も濃厚ですね。

ということで、ZV-E10の正式なスペックは7月7日23時以降にわかるということです。

(名前もまだ正式に発表されてませんが)

ZV-E10はAPS-CのV-logカム?まとめ

ZV-E10はSONYのV-log用APS-C機?まとめ

今回は、新型のAPS-CV-logカム「ZV-E10」について噂段階ではありますがまとめてみました。

スペックをおさらいするとこんな感じ。

  • 1.APS-Cセンサー
  • 2.レンズ交換式
  • 3.アクティブ手ブレ補正
  • 4.バリアングル液晶
  • 5.EVF(ファインダー)なし

このスペックを見るに、動画機であることが濃厚です。

また、正式なスペックは2021年7月7日23時からのSONY公式発表後にわかると思います。

(2021年7月6日追記 発表は延期になったようです)

ワクワクですね。

以上、この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる