ライトアップされたベルギーグラン・プラス

ベルギーの観光名所グラン・プラスのライトアップ

Pocket

「ベルギーに旅行で行くけど、どこへ行くかまだ決めてない。ブリュッセル周辺に観光名所ってないの?」そんなことを考えている方に世界遺産グラン・プラスをお勧めします。特にその夜景の美しさは感動すること間違いなしです。

この記事では以下の内容をお伝えします。

この記事を書いている私は旅行大好き30代の地方公務員。休みの度にどこかへ出かけ、国内旅行は47都道府県制覇しました。海外にも出かけ、見つけたおすすめ観光スポットや旅行に役立つ情報を発信しています。

そんな私が今回は「ベルギーの観光名所グラン・プラスのライトアップ」というテーマで記事を書きます。

1.ベルギーの観光名所グラン・プラスのライトアップ

グラン・プラスはベルギーの首都ブリュッセルにあり、「世界で最も美しい広場」の1つとして知られています。

そんなグラン・プラスを見る時間帯は、市庁舎が朝焼けで染まる朝、白い建物が青空に映える昼。どちらも素晴らしいですが、忘れてはいけないのがライトアップを楽しめる夜です。

夕暮れ時のベルギーグラン・プラス
夕暮れ時のベルギーグラン・プラス

夕日が沈んだばかりで空は赤から青のグラデーションがかかっています。街灯と建物の照明が灯り、世界遺産グラン・プラスのライトアップが始まります。

今回は2019年5月6日21~22時頃にかけての写真を載せます。

ライトアップされたベルギーグラン・プラス
ライトアップされたベルギーグラン・プラス

みるみる暗くなり、灯りと影のコントラストで迫力がどんどん増していく感じがします。街灯の色も暖色に変わりました。

ライトアップの色は日によって違うようなので、ブリュッセルに滞在するなら何度か見てみても良いかもしれませんね。

ライトアップされたベルギーグラン・プラスに集まる観光客
ライトアップされたベルギーグラン・プラスに集まる観光客

ライトアップを目当てに観光客も増えてきました。昼間とあまり変わらない人の数です。

この日は昼間の雨で石畳が濡れていたので、光が反射してまた幻想的な雰囲気になっていました。

ライトアップされたベルギーグラン・プラスの市庁舎近景
ライトアップされたベルギーグラン・プラスの市庁舎近景

グラン・プラスのシンボル、市庁舎の近景です。中央の塔の高さは96mもあるので、すごい存在感です。

約1時間、空の色の移り変わりとライトアップを楽しみました。

2.グラン・プラスのライトアップが見られる時間帯は?

グラン・プラスのライトアップは夜であれば年間見ることができます。ただ、日の入り時間は時期によって全く違うので参考にブリュッセルの日の入時間を載せておきます。

日付日出日入日長
1月1日8:444:478h2m
2月1日8:185:349h16m
3月1日7:266:2310h57m
4月1日7:178:1512h57m
5月1日6:159:0314h47m
6月1日5:349:4616h12m
7月1日5:339:5916h26m
8月1日6:099:2815h19m
9月1日6:568:2813h31m
10月1日7:437:2111h37m
11月1日7:345:179h42m
12月1日8:234:408h17m

3.グラン・プラスへのアクセスは?

グラン・プラスはブリュッセル中央(Brussels Central)駅から500mほどの距離にあり、徒歩約5分とアクセスは非常に良いです。

また、周囲にはサン・ミッシェル大聖堂や小便小僧などの観光名所もあるので、ベルギー観光でグラン・プラス周辺を訪れないのは大きな損です。

ブリュッセルの街はほとんどが石畳なので、距離が短いからといって急ぎ足になったりすると段差でケガをするかもしれません。せっかくの旅行でケガをしては元も子もないのでご注意ください。

以上、ベルギーの観光名所グラン・プラスのライトアップについての記事でした。ベルギー観光に役立ててもらえれば幸いです。

Pocket