両手が使えるライト厳選3つ【おすすめ品のレビューも紹介】

2020年5月6日

Left Caption
「両手が使えるライトを探してます。散歩やアウトドアに使えるように軽くて耐久性もあるのが良いな。」

そんな方に向けて、両手が使えるライトを厳選して3つ紹介します。そのうちの1つは筆者の愛用品で、レビューも載せているのでご覧ください。

ということで今回は下記内容をお伝えします。

Sponsored Links

この記事の筆者は、アウトドアや夜景撮影にライトを使用しており、そんな筆者が厳選した3つのライトを今回紹介します。

ということで今回は「両手が使えるライト厳選3つ【おすすめ品のレビューも紹介】」というテーマで記事を書きます。

1.両手が使えるライト厳選3つ

両手が使えるライト厳選3つ

それでは早速、「両手が使えるライト厳選3つ」を紹介していきます。

Panasonic LEDネックライト

最初に紹介するのは「Panasonic LEDネックライト」です。

価格は800円ほど

このネックライトは首にかけるだけで、足元から前方にかけてを明るく照らしてくれて、防滴性もあります。

ヘッドライトのように目立たないし付け外しも簡単なので、アウトドアから日常使用まで幅広く使えるアイテムです。

ちなみに、筆者が使っているのはこのネックライトの強弱切替が可能なもので、記事後半のレビューで紹介するので良ければ見てください。

Litom LEDヘッドライト

2番目に紹介するのは「LitomのLEDヘッドライト」です。

価格は2,200円ほど。

このライトの強みは『明るさ』で、3段階調節で最も強くすると50m以上先まで容易に照らせます。

先ほど紹介したネックライトと比べると、本格アウトドア用のアイテムですが価格は安く、アウトドアメーカーで購入すれば5,000円前後する性能だと思います。

ただ、お散歩などでヘッドライトをつけるとちょっと目立つかなという感じです。

Panasonic LEDクリップライト

最後に紹介するのは「Panasonic LEDクリップライト」です。

価格は最安の500円ほどで、このライトの強みは『自由度』と『角度調整機能』です。

クリップ式なので帽子でも服でも自由に装着でき、ライト根元の球体を回すことで角度を調整することができます。

防滴性もあってこの価格は素晴らしいと思います。ただ、小さくて無くしやすかったりもするので注意しましょう。

以上、両手が使えるネックライト厳選3つを紹介しました。好みの物は見つかりましたか?

一番のおすすめはオールラウンドな使い方ができるネックライトで、筆者も使用しています。

ということで参考に、「Panasonic LEDライトのレビュー」を載せておきます。

2.両手が使えるおすすめライトのレビュー

両手が使えるおすすめライトのレビュー

筆者おすすめのPanasonic LEDネックライトについてレビューします。

先ほど紹介したネックライトに強弱切替の機能がついたものになります。

ちなみに、より詳細なレビューは別記事の「Panasonic LEDネックライトをレビュー」に載せており、使い方に関する動画も載せているのでわかりやすいと思います。

それではいきましょう。

Panasonic LEDネックライトの良いところ

Panasonic LEDネックライトは、首にかけるだけで前方を照らせる使いやすさが魅力です。

筆者はこのネックライトを「登山のキャンプ」や「夜景撮影」に3年以上使っており、北アルプスに行ったり星空の軌跡撮影もしているので、もはや安心と信頼しかありません。

Panasonic LEDネックライトの付け方

つけ外しは写真右の球体を左の輪っかに通すことでできます。

「そのくらいだと簡単に抜けるんじゃ、、、」と思われるかもしれませんが、樹脂の摩擦がしっかりストッパーになって抜けませんし、外すときは写真のように根元を持って引っ張れば簡単に抜けるので、よくできてるなと関心します。

あと、筆者が使用しているネックライトには強弱切替がついているので、必要な光量に応じて使い分けできます。ボタン一つで切り替えできるシンプルさもありがたいです。

Panasonic LEDネックライトの悪いところ

このネックライトの悪いところは電池交換の方法が分かりづらいことです。

と言っても、パッケージに交換方法が載っていて、ちゃんと予習しておけば問題ないですが、パッケージを捨ててしまっていると少し戸惑うかもしれません。

Panasonic LEDネックライトの電池交換

交換するには写真のように首掛け部分からライト部分を外す必要があり、この方法が分かりづらいのです。

写真左下に白いポツが2つあり、ここを押さえながらライト部分を引き抜きます。ちょっと強めにやらないと抜けないので、「これであってる?壊れないよな?」などと思ってしまいますが問題ありません。思いっきり押して抜きましょう。

コツを掴めば簡単にできるので、そんなに問題にもならないですが、他に悪いところも見当たらないので説明しておきました。

以上、Panasonic LEDネックライトをレビューしました。

再三になりますが、詳細なレビューや使い方が気になる方は「Panasonic LEDネックピローをレビュー」をご覧いただければと思います。

最後にこの記事のまとめをしておきます。

3.両手が使えるライト まとめ

両手が使えるライト まとめ

今回は「両手が使えるライト厳選3つ」をテーマに記事を書きました。

紹介したのは、「ネックライト」と「ヘッドライト」と「クリップライト」でした。

ネックライトは散歩からアウトドアまで色んな場面で使用できるオールラウンダーで、ヘッドライトはアウトドアに特に強いです。クリップライトは最も価格が安く、角度調節ができて自由度が高いアイテムでした。

また、筆者が最もおすすめするのはネックライトで、これを使って北アルプス登山や星空撮影までできてしまってます。

予算や用途に合わせて、自分に合ったライトを選んでもらえればと思います。

以上、この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

Sponsored Links