犬の散歩おすすめのライト【犬用・リード・飼い主用それぞれ紹介】

Left Caption
「犬の散歩におすすめのライトが知りたい。足元が見えないと危険だし、防犯上もあった方が良いかなと思うので。」

その通りですね。見えないところを照らすのはもちろんですが、自分や犬がいることを周りに知らせるのも危険回避に繋がります。

今回は「犬の散歩におすすめのライト」を『犬用・リード・飼い主用』に分けて紹介します。

Sponsored Links

1.犬の散歩おすすめのライト【犬用】

犬の散歩おすすめのライト【首輪用】

まずは、散歩におすすめの犬用ライトを紹介します。

犬用ライトは、人よりも背が低い愛犬たちを、車や歩行者にしっかり認識させることで危険回避の効果を発揮します。

それでは早速見ていきましょう。

LaRoo 光る首輪

最初に紹介するのは「LaRooの光る首輪」です。

価格は1,800円ほど。

この首輪は、かけることでワンちゃんの居場所を周囲に知らせることができます。

LEDなので熱はほとんど発生せず火傷の心配はありませんし、USB充電式なので繰り返し使用可能です。

長さが70cmあり大きめですが、長さ調節前提で作られているので大型犬から小型犬までフィットします。

犬用のライトとしては標準的なタイプのアイテムだと思います。

LaRoo ペット用 LED 光る首輪

コアウェーブ キーホルダー型LED

続いて紹介するのは「コアウェーブ キーホルダー型LED」です。

価格は400円ほどなのに三色セットでコスパ抜群です

このライトはキーリングが付いているので、首輪でもリードでも装着可能です。点滅タイプなので歩行者や車両に認識されやすいし、色もカラフルで綺麗です。

これほど安いと電池交換できないタイプもあったりしますが、このライトは交換可能で長く使えます。

ただ、ネジ式開閉なので交換がちょっと面倒だったり、雨や衝撃にちょっと弱かったりもします。

そこは値段相応ということで、まずは手軽に犬用ライトを買ってみたいという方におすすめです。

コアウェーブ キーホルダー型LED

以上、犬用のライトを2つ紹介しました。どちらもワンちゃんの存在をしっかり周囲に知らせてくれるアイテムです。

それでは、続いてのライトの紹介に移ります。

2.犬の散歩おすすめのライト【リード】

犬の散歩おすすめのライト【リード用】

ここでは、ライトや反射材が付いているリードを紹介します。

「正直、ライトを首に付けるのが面倒、、、」という方も「ライトに加えてより安全にしたい」という方にもおすすめです。

それでは見ていきましょう。

マルカン リード用ライト

「マルカン リード用ライト」を紹介します。

価格は900円ほどです。

このライトの両端にはマジックテープの輪っかが付いていて、リードの好きな部分に簡単につけられます。

首輪のそばに付ければワンちゃんの周りが明るくなりますし、持ち手付近に付ければ手元が明るくなります。

このライトは赤•黄色のカラーバリエーションがありますが、レビューを調べたところ、緑が遠くからでも認識しやすいようです。

CR2025」というボタン電池で点灯しますが、付属されていないので一緒に購入するのをおすすめします。

マルカン リード用ライト グリーン

Dopet ライト付きリード

続いて紹介するのは「Dopet ライト付きリード」です。

価格は2,100円ほど。

8mまで伸びる自由度の高いリードに、取り外し可能なライトが付いています。明るさ十分なので8mあっても安心です。

犬の重量50kgまでを想定しているので、大型犬での使用は避けた方が良いですが、小型〜中型は問題なく使えます。

ライトが一緒になっていることもあって少しゴツめなので、子供さんが持つにはちょっと大きいかもしれません。

Dopet ライト付 伸縮リード

WeinaBingo 反射付きリード

リード関連で最後に紹介するのは「WeinaBingoの反射付きリード」です。

価格は1,900円ほど

このリードはライトが付いているわけではなく、リードの縫い目に反射素材が使われており、人の目に付くという物です。

このリードなら、自転車や歩行者が犬と飼い主の間を通って、事故につながったりすることを防げます。

これまで紹介した商品より消極的で、テーマから外れはしますが、飼い主とワンちゃんがそれぞれライトを付けていれば、リードへの対策はこれで十分かなと思ったりもします。

WeinaBingo 反射 伸縮リード

以上、犬の散歩におすすめのライト【リード】を紹介しました。

飼い主と犬への対策を講じてから、次の一手としてリードにも対策してもらえれば良いかなと思います。

3.犬の散歩おすすめのライト【飼い主用】

犬の散歩おすすめのライト【飼い主用】

最後に飼い主が身に着ける用のライトを紹介します。

犬のリードで片手が塞がって、もう片方の手でライトを持ったりすると、いざという時に危険です。

ということで、手が塞がらないライトを2つ紹介します。

Panasonic LEDネックライト

「Panasonic LEDネックライト」は、首にかけるだけで足元から前方にかけて照らしてくれる便利なライトです。

価格は1,300円ほど。

防滴性も含め耐久性があり、装着も簡単で機能も良いということでかなりおすすめです。

実はこれ筆者は3年以上も使っており、散歩だけでなく登山やキャンプなどの本格アウトドアにまで持っていく、心底信頼しているアイテムです。

たっぷり紹介したいところですが他のライトもあるので、詳細が気になる方は別記事の「Panasonic LEDネックライトをレビュー」をご覧ください。

動画もつけてわかりやすく解説しています。

迷ったらコレ、迷わずともコレという感じの素晴らしいライトです。

パナソニック LEDネックライト

Panasonic LEDクリップライト

最後に紹介するのは「Panasonic LEDクリップライト」です。

価格はなんと500円ほど。

クリップで固定できるので、帽子や衣服など付ける場所を選ばず、角度調節機能もあるので自由度が高いライトです。

防滴性もあって雨が降っても使えますから、かなりコスパの高いライトです。

ただ、小さいので無くしてしまわないかは少し心配ですね。

パナソニック LEDクリップライト

以上、犬の散歩におすすめの飼い主用ライトを紹介しました。

犬の散歩だけでなく、アウトドアや緊急時用としても役立つので、持っておいて損は無いアイテムだと思います。

最後にこの記事のまとめをします。

4.犬の散歩おすすめのライト まとめ

犬の散歩おすすめのライト まとめ

今回は「犬の散歩おすすめのライト」を『犬用、リード用、飼い主用』に分けて紹介しました。

犬用としては、「光る首輪」と「キーホルダー型ライト」を紹介しました。

リード用は、「懐中電灯付きリード」「マジックテープでリードに付けるライト」「反射材付きリード」を紹介しました。

最後に飼い主用として「ネックライト」と「クリップライト」を紹介しました。

好みや条件に応じて、ライトを選んでもらえればと思います。

以上、この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

Sponsored Links