おすすめのUSB充電式アウトドア用ライトを紹介【連続点灯時間も】

2020年5月6日

Left Caption
「USB充電式のアウトドア用ライトを探しています。電池式じゃなくて繰り返し使いたいので、、、」

そんな方に向けて、おすすめのUSB充電式ライトを紹介します!バッテリーの持ちも気になると思うので、連続点灯時間も一緒に紹介しますね。

ということで、この記事では下記内容をお伝えします。

Sponsored Links

この記事の筆者は、北は北海道の大雪山、南は鹿児島の屋久島まで登山に行くアウトドア人間です。

そんな筆者の経験とリサーチをもとに「おすすめのUSB充電式アウトドア用ライト」を紹介します。

記事後半では充電式ライトとセットで使える『モバイルバッテリー』も紹介するので、是非ご覧ください!

1.おすすめのUSB充電式アウトドア用ライト

おすすめのUSB充電式アウトドア用ライト

おすすめの「USB充電式アウトドア用ライト」を紹介します。

紹介するのはヘッドライトや懐中電灯、ランタンなどを含めた下記の5つです。

  • Litom LEDヘッドライト
  • PETZL アクティックコア
  • OLIGHT H1R ヘッドライト
  • OLIGHT ハンディライト
  • Vantozon LEDキャンプランタン

それではどうぞ!

Litom LEDヘッドライト

まず最初に紹介するのは「Litom LEDヘッドライト」です。

価格は1,700円ほど。

『Litom』は安くて性能の高いライトを多く販売しているメーカーです。

このヘッドライトは点灯モードが14種類もありますが、点灯時間が最も長いエコモードなら50時間も点灯します。

IPX6の防水性』は雨に対して全く影響を受けませんし、コンパクトで角度調節機能も付いて価格もかなり安い、初心者におすすめのヘッドライトです。

PETZL アクティックコア

続いて紹介するのは『PETZL アクティックコア』です。

価格は7,000円ほど。

Litomと比べるとかなり高額ではありますが、老舗登山用品メーカー『PETZL』の性能と信頼度は高く、根強いファンも多いです。

このライトは82gの軽量ながら「350ルーメンの明るさ」や「連続160時間点灯」などの性能を持っていますが、特筆すべきは独自のバッテリー『コア』の性質です。

通常の電池は満充電で最も光が強く、充電が減るにつれて弱まり、終盤にはほとんど周囲を照らせなくなってしまいます。

独自バッテリーのコアは、充電が減っても一定の明るさを保つ性質があるので、最後まで周囲を明るく照らせます。

老舗メーカーならではの、痒いところに手の届く設計となっているのです。

OLIGHT H1R ヘッドライト

3番目に紹介するのは『OLIGHT H1R ヘッドライト』です。

価格は7,500円ほど。

このヘッドライトはとにかくハイスペックで、『最大600ルーメンの明るさ』に『IPX8(8段階中最大)の防水性』、『5つの点灯モード』まで備えています。

重さも51.5gという軽量で、バンドから取り外せば懐中電灯にもなります。

明るさによって点灯時間が変わりますが、最低値の2ルーメンだと6日ももつんだそうな。

デザインも黒のボディにワンポイントの青がカッコ良いし、言うことなしの今回1番のおすすめライトです。

OLIGHT ハンディライト

続いて紹介するのは、超小型の懐中電灯「OLIGHT ハンディライト」です。

価格は1,700円ほどです。

重さ13g、長さ44mmなので単4電池1本持ち歩いてるのと同じようなものです。このコンパクトな体に『IPX8の防水性』と『射程40m(強モード)』の光量を持っています。

強弱の切替えができ、『弱』なら6時間、『強』だと15分ほどの点灯時間です。強だとあまり長く持ちませんが、弱でも9m先まで見えるので通常は弱モードにしておくと良いでしょう。

このコンパクトさなので、アウトドアだけでなく普段から持ち歩いても良いのでは。

Vantozon LEDキャンプランタン

最後に紹介するのは「Vantozon LEDキャンプランタン」です。

価格は2,000円ほど

360度明るくしてくれる、名前のとおりキャンプを中心に活躍するライトで、懐中電灯モードやSOSモードに切り替えも可能です。

3時間の充電でランタンなら12時間、懐中電灯なら24時間点灯し、なんと単三電池でも点灯します

全方向を照らしてくれるだけあって、他のライトより点灯時間は少なめですが、保険として単三電池かモバイルバッテリーを持っていれば、気にせず長時間使えますね。

キャンプ用のライトをお探しの方に、かなりオススメできるアイテムです。

以上、USB充電式アウトドア用ライトを紹介しました。

続いて、充電式ライトとセットで使って欲しいモバイルバッテリーを紹介します!

2.充電式ライトとセットで使えるモバイルバッテリー

USB充電式アウトドア用ライトとセットで使えるモバイルバッテリー

充電式ライトとセットで使って欲しい「モバイルバッテリー」を紹介します。

、、、とその前に、モバイルバッテリーの選び方だけ簡単にお話しておきます。

モバイルバッテリーは下記に留意して選ぶようにしましょう。

  • 容量→10000mAhくらいあると安心
  • 大きさ→長さ100mm厚さ25mm以下ならコンパクト
  • 充電速度→2.0A以上が望ましい

以上を満たす、おすすめのバッテリーを2つ紹介します!

Anker モバイルバッテリー 10000mAh

1つ目は「Anker モバイルバッテリー10000mAh」です。

価格は2,800円ほど。

『Anker』はスピーカー、イヤホンなどの幅広い電子機器を扱うメーカーですが、その中でもモバイルバッテリーは性能が良く安価なため、高いシェアを誇っています。

今回紹介するモバイルバッテリー容量は「10000mAh」なので、iPhoneを3回充電できるほどの容量があります。

サイズはコンパクトだし、最大2.4Aのスピード充電も可能ですから、コスパは最高レベルだと思います。

ただ、不良品のレビューが散見されるのが少し気になったりはします、、、

cheero モバイルバッテリー 13400mAh

2番目に紹介するのは「cheero モバイルバッテリー13400mAh」です。

価格は3,000円ほど。

「cheero」は安心の国内メーカーで、モバイルバッテリーを中心にスマホアクセサリなどを販売しています。

容量は13400mAhということで、iPhone4回分の充電が可能です。

充電スピードは2.4Aあり、2ポート同時充電も可能。その場合は合計3.4Aの充電速度を発揮します。

先ほど紹介したAnkerバッテリーは180gで、このバッテリーは245gなので重めではありますが、容量大きくて2ポート充電可能、安心の国内メーカーという強みがあるので、筆者はコチラのバッテリーをおすすめします!

以上、充電式ライトとセットで使って欲しいモバイルバッテリーを紹介しました。

ちなみに、別記事「あなたにはコレ!アウトドア用おすすめライト」では防水性が高い物や明るさ自慢の物など、特徴別にたくさんのライトを紹介しています。

良ければご覧ください。

最後にこの記事のまとめをします。

3.USB充電式アウトドア用ライト まとめ

USB充電式アウトドア用ライト まとめ

今回は「USB充電式アウトドア用ライト」を紹介しました。

「ヘッドライト」「ハンディライト」「ランタン」の3タイプを、連続点灯時間もあわせて紹介しましたが、気に入ったライトが見つかったでしょうか?

移動しながら使うのか、いざという時のために携帯しておくのか、あるいは置いたり吊るしたりして周囲を照らすのか、、、

今回紹介した中で自分の用途に合ったアウトドア用ライトを見つけてもらっていれば嬉しく思います。

ちなみに、別の記事では「防水性アリのアウトドア用ライト」も紹介しているので、ライト選びの参考にしてみてください。

以上、この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

Sponsored Links