【SONYの純正マクロ】SEL90M28Gまとめ!作例やレビューも

Left Caption
「SEL90M28Gが気になってるので、詳しく知りたいです」

そんな方に向けて、「SEL90M28G」の愛用者である筆者がまとめ記事を書きました。

この記事を見れば価格から作例、使用感など公式サイトでは得られない情報まで、詳しく知ることができます。

ということで、この記事では下記内容をお伝えします。

Sponsored Links

この記事を書いているのは写真家兼ライターの「とも」です。

全国を旅して風景写真を撮影しながら生活しています。

そんな筆者は愛機『α7iii』と「SEL90M28G」でたくさんのスポットを撮影してきました。

豊富な経験から、皆さんに役立つ情報をたくさんお伝えできると思っています。

ということで今回は「【SONYの純正マクロ】SEL90M28Gまとめ!作例やレビューも」というタイトルでお話していきます!

1.SEL90M28Gでどんな写真が撮れる?

SEL90M28Gで撮れる写真

SEL90M28Gは「マクロレンズ」ですが、マクロ撮影にこだわる必要はありません

『開放F2.8』を活かして、背景をボカしたポートレートを撮ったり、F値を上げてパリッと解像した風景を撮ってみたり。

マクロも人も風景も。幅広くこなしてくれるレンズです。

SEL90M28Gで撮れる写真 3

そして、マクロでは非常に繊細な表現をしてくれます。

ピントの合った部分では花びらの細かいラメのようなものが見え、ピントから外れてくるとジワジワっとボケてきて花びらの立体感を感じることができます

優しいボケハッとするような解像感が両立したマクロの世界をみなさんにも味わって欲しいです。

SEL90M28Gで撮れる写真 2

筆者はアウトドアへ出かける時は必ずSEL90M28Gを持っていきます。

植物をマクロで撮ることもできるし、90mmの中望遠で切り取るような風景も撮影できるから。

さすがに単焦点でなんでもと言うわけにはいきませんが、パノラマ用に20mm前後の広角レンズをセットで持っておけば、ほとんど困ることはありません。

Gレンズということでマクロ性能は言わずもがなですが、SEL90M28Gの風景性能がまだ気になる方もいるのでは?

下の記事では、SEL90M28Gで撮影した風景写真の作例をたっぷり載せているので良ければ参考にしてみてください。

SEL90M28Gは風景も撮れる?

ちなみに本記事で使用している写真も全てSEL90M28Gで撮影したものなので、こちらもぜひご参考に。

POINT

中望遠画角はポートレートに適しているとも言われます。マクロだけでなく、人や風景もバッチリ撮れるのがSEL90M28G。

2.SEL90M28Gを使えるカメラ

SEL90M28Gを使えるカメラ

SEL90M28GはSONYのEマウント機で使用できます。

しかし、Eマウントと言ってもセンサーサイズが違った場合はどうでしょう?

SEL90M28Gはフルサイズ用レンズなので、フルサイズセンサー搭載の『α7シリーズ』や『α9シリーズ』はもちろん使えますが、APS-Cセンサーのα6000シリーズは使えない?

いえ、α6000シリーズ(APS-Cセンサー)でも使用できます。

ただ、フルサイズ機で使うのと違いが出てくるので、違いを下記記事で確認してから使用するようにしましょう。

『SEL90M28G』はα6000シリーズで使える?

「せっかく買ったのに、こんなハズじゃなかった、、、」

と、ならないために要確認です。

POINT

「今はAPS-C機だけど、フルサイズ機に変える予定」という方はどっちでも使えるフルサイズ用レンズを買うと良いかも。

3.SEL90M28Gの使用感

SEL90M28Gの使用感

SEL90M28Gの使用感にも少し触れておきます。

マクロレンズはオートフォーカスが遅いものが多いのですが、このレンズはかなり早めです。

このレンズを購入する前にマクロのメインで使用していたSIGMA70mmF2.8MACROだと「ジーーーー」っと音を出しながらゆっくりピントが合う感じでしたが

このレンズは「スッ」とピントが合って正直驚きました。

AFとMFの切り替えも、フォーカスリングをカチッと前後に動かすだけでできます。最初は違和感ありますが、慣れると無造作に切り替えできて快適。

重さと大きさはそれなりにありますが、フルサイズ用マクロの中では特別大きいわけではありません。

細かいレビューは下記記事でまとめているので良ければご覧ください。

SEL90M28G】SONYの純正マクロレンズをレビュー!

POINT

マクロとは思えない素早いAF。これなら動く被写体を撮る場合も安心です。

4.SEL90M28Gの値段は?

SEL90M28Gの値段は?

最後に、気になるお値段の話。

SEL90M28Gの価格はおよそ13万円です。(2021年4月時点)

誰にとっても安い買い物ではない、というか高いですよね。

SONYの技術の粋を集めて作られたマクロレンズですから、どうしても高額になってしまうのです。

そんな高額レンズを買った筆者はどんな心境かと言うと、ハッキリ言って大満足。撮影の頻度が多く、質にこだわりたい筆者としては購入して全く後悔なしです。

このレンズを長期で使っていく自信のある人は購入して良いと思います。でも、カメラを始めたばかりで

「まだ写真が趣味とも言えないし、長く続けるかもわからない」という人はもう少しハードルの低いレンズを買った方が良いかもしれませんね。

SEL90M28Gの価格って正直どう?

POINT

13万は高額だけど、性能は間違いなく満足できる。長い目で見て買うか判断しましょう。

5.SEL90M28G まとめ

SEL90M28G まとめ記事

今回はSEL90M28Gのまとめ記事でした。

内容をおさらいすると

  • マクロだけでなく人や風景もバッチリ
  • フルサイズ用なのでAPS-Cで使う場合は注意
  • マクロなのに驚きのAF速度
  • 高額だけど長く使う人には大満足の性能

先ほどもお伝えしましたが、このレンズに加えて広角レンズを1本持っていれば大概の場面で困りません。

あれもこれもと安いレンズを買い集めるより、相性の良い2本を持つ方が安上がりだったりするかも

実際、筆者も10数本のレンズを持っていますが、頻繁に使うのはSEL90M28Gと広角24mm。あと動物や乗り物を撮るなら100-400mmの超望遠を加えるという感じ。

植物を良く撮るのでこのレンズは常に持ち歩きます。

このマクロレンズ一本で選択肢がかなり広がるので、みなさんもぜひ長く使う『相棒レンズ』としての購入を検討してみてください。

以上、この記事がみなさんのお役に立てば幸いです。