JAL CLUB ESTに学生が入会する【デメリット3つ】

Left Caption
「JAL CLUB ESTって学生でも入れますよね?学生が入るデメリットってありますか?」

JAL CLUB ESTには学生も入会できますが、デメリットもあるので、それも踏まえて入会するかどうか決めましょう。

ということで今回は下記内容をお伝えします。

Sponsored Links

この記事を書いているのは旅行×写真ブロガーのtomoです。

元JAL CLUB EST会員で、現在はJGCというJALの上級会員に入会しています。

筆者はJAL CLUB ESTの特典を活かしてJGCに入会したので、JAL CLUB ESTに関するノウハウ量には自信があります

そんな筆者が今回は「JAL CLUB ESTに学生が入会するデメリット」をテーマに記事を書きます。どうぞご覧ください。

1.JAL CLUB ESTに学生が入会するデメリット

JAL CLUB ESTに学生が入会するデメリットとは「JALカードnavi」が使えなくなることです。

JALカードnaviを使えないのが何故デメリットかというと、下記の理由があるからです。

  • 年会費が7,700円かかる
  • ツアープレミアムが有料になる
  • マイルに有効期限ができる

この3つの理由について、それぞれ解説します。

ちなみに、JALカードnaviは学生限定のカードで、年会費無料なのに特典だらけという「ぶっ壊れ性能」のカードです

この特典についても触れながらお話します。

1.年会費が7,700円かかる

JAL CLUB ESTに入会すると年会費が7,700円必要です。

JALカードnaviの年会費が学生に優しい無料なのに対し、JAL CLUB ESTの年会費は5,500円です。

実は、JAL CLUB ESTに入会するにはJALカード年会費2,200円も必要なので、実際に支払う年会費は7,700円となります。

特典内容を見たらJAL CLUB ESTの方が有利だと思いますが、年会費を含めて考えれば、圧倒的にJALカードnaviがお得と言えます。

2.ツアープレミアムが有料になる

JAL CLUB ESTにはツアープレミアムが付いていません。

ツアープレミアムは、割引運賃で飛行機に乗ってもマイルが100%貯まるという特典で、JALカードnaviには標準で付いています。

JAL CLUB EST会員がツアープレミアムを付ける場合、追加で2,200円の年会費が必要となるので、ちょっと悩ましいですね。

3.マイルに有効期限ができる

JAL CLUB ESTのマイル有効期限は5年間です。

通常のマイルの有効期限は3年なので5年でも十分長いのですが、JALカードnaviには有効期限がありません。

マイルは多く貯めるほどお得な特典に交換できるので、マイルの有効期限は重要です。

以上3つが、学生がJAL CLUB ESTに入会するデメリットです。

JALカードnaviありきで話をしましたが、そもそも皆さんはJALカードnaviに入会していますか?

入会してない方は至急入会すべきと言えるほどお得なカードなので、次にJALカードnaviの特徴について解説します。

Sponsored Links

2.JALカードnaviの特徴

ここでは「ぶっ壊れ性能カード」ことJALカードnaviの特徴を解説していきます。

JALカードnaviの特徴は下記の通りです。

  • 年会費無料
  • ショッピングマイルが2倍
  • 割引運賃でもマイルが100%貯まる
  • マイル有効期限がない
  • 搭乗ボーナスマイル
  • 半分のマイルで特典航空券に交換
  • eJALポイントが貰える

無料なのに特典の数も質も素晴らしいです。

今回はこの中で特に役立つ3つについて解説します。

筆者も学生時代はJALカードnaviを使用していましたが、年会費無料というだけで作ったので全く有効活用できていませんでした。

現在学生の皆さんには、JALカードnaviを上手く活用して、旅行や普段の生活に役立ててもらいたいと思います。

それでは解説します。

ショッピングマイルが2倍

普段の買い物で貯まるマイルをショッピングマイルと言います。

ショッピングマイルは通常、200円につき1マイル貯まりますが、JALカードnaviなら100円につき1マイル貯まります。

この2倍特典は一般のJALカードでも追加できますが、有料オプションなので年会費3,300が余計に必要です。

これが無料で使えるのですから、普段の買い物でバンバンマイルを貯めて、在学中の旅行に活用すると良いでしょう。

半分のマイルで特典航空券に交換

マイルは特典航空券という無料の航空券に交換でき、JALカードnaviならより少ないマイルで交換できます。

例えば、東京〜沖縄(往復)は通常15,000マイル必要ですが、JALカードnaviなら半分以下の6,000マイルで済みます。

この特典は国際線でも利用できるので、学生のうちに海外に行ってみたいという方はぜひこの特典を活用してください。

また、旅行の際には下記記事で紹介するアイテムを使うと良いです。

「飛行機は疲れる」の改善アイテム【筆者愛用】

eJALポイントが貰える

eJALポイントは航空券やツアーの購入に、1ポイント1円として使えます。

JALカードnavi入会時に5,000eJALポイントが貰えるので、旅行に活用しましょう

eJALポイントは、筆者がJALの上級会員であるJGCを達成するのにも活用したポイントです。

その方法について詳しく知りたい方は、次の「JAL CLUB ESTの特徴」をご覧ください。

以上、JALカードnaviの役立つ特徴3つについて紹介しました。JALカードnaviを上手く活用して学生生活を満喫してください。

今回はせっかくJAL CLUB ESTにも触れているので、その特徴についても紹介します。

3.JAL CLUB ESTの特徴

正直言って、JAL CLUB ESTはJALカードnaviに劣っていると筆者は思います。

しかしそれは、JALカードnaviの特典が異常に優れているだけです。(学生のうちにJALカードユーザーになってもらうため異常な特典を揃えている)

社会人になったらJALカードnaviは使えなくなりますし、JAL CLUB ESTは他のカードと比べればかなりコスパの高いカードです

なのでここでは、将来JAL CLUB ESTに入会することを見据えて、その特徴を知ってもらおうと思います。

JAL CLUB ESTの特典は下記の通りです。

  • eJALポイント5,000ポイントが毎年貰える
  • 毎年初回搭乗時に1,000マイル貰える
  • 入会後の初回搭乗時に1,000マイル貰える
  • 国内線サクララウンジに年5回入れる
  • 国際線のビジネスクラスチェックインカウンターを使える
  • 毎年フライオンポイントが2,000ポイント貰える
  • ショッピングマイルが2倍になる
  • マイル有効期限が5年間になる
  • 搭乗ボーナスマイルが5%貰える
  • マイルからeJALポイントへの交換が100マイル単位で行える

すごい数の特典ですね。

ここで紹介するには多過ぎるので、特に役立つ特典3つを紹介します。

毎年2,000フライオンポイントが貰える

JAL CLUB EST会員は毎年2,000フライオンポイント(FOP)貰えます。

FOPは「サービスステイタス」という、JALの上級会員証みたいなものを手に入れるのに必要なポイントです。

FOPとサービスステイタスについて詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。

JALのフライオンポイントとは?

JALのサービスステイタスとは?

FOPは飛行機に乗ること以外ではほとんど入手できないポイントなので、この特典はステイタス達成に非常に重要です。

この特典のように、JAL CLUB ESTはステイタス達成に役立つ特典が多く、20代でステイタスを目指す人には必須のカードとなっています

また、ステイタスを達成した人は、これまた特典豊富な「JGC」にも入会できます。

この辺りについては下記記事で詳しく解説しています。

JAL CLUB ESTがJGC修行に役立つ理由【経験談】

筆者もJAL CLUB ESTを利用してJGCに入会しました。おかげで30代になった今でも、素晴らしい特典を活用して飛行機旅を満喫しています。

毎年5,000eJALポイントが貰える

JALカードnaviの特典にもあったeJALポイントですが、JAL CLUB ESTでは「毎年」5,000eJALポイントが貰えます。

毎年貰えるので「eJALポイントを貯め続けて無料で飛行機旅に行きたい」という方もいるかもしれませんが、eJALポイントには1年間という有効期限があります。

しかし実は、有効期限を伸ばし続ける方法もあり、それならeJALポイントだけで飛行機に乗れますし、FOPを貯めるのにも役立ちます

この方法についても「JAL CLUB ESTがJGC修行に役立つ理由」で解説しているのでよければご覧ください。

サクララウンジに年5回入れる

JAL CLUB EST会員は国内線サクララウンジに年5回入れます。

サクララウンジはJALが運営するラウンジで、本来はステイタスを持っている人や、ファーストクラスでしか利用できません。

サクララウンジでは、静かな空間に美しい調度品、ゆったりソファにマッサージチェアなどが用意されています。いわゆる大人な空間です。

しかもソフトドリンクやアルコールが飲み放題。なんと生ビールもあります。

そんなサクララウンジをお試しで利用できるこの特典はかなり魅力度が高いです。

ちなみに、羽田空港のサクララウンジだけは1回3,000円支払うことでも利用できるので、JAL CLUB ESTに入会する前に試しに利用してみるのも良いかもしれません。

以上、JAL CLUB ESTの魅力ある特典3つを紹介しました。

最後にこの記事のまとめをしておきます。

4.まとめ

今回は学生がJAL CLUB ESTに入会するデメリットについて解説しました。

デメリットとはJALカードnaviが使えなくなることで、JALカードnaviには下記の特徴があります。

  • 年会費無料
  • ショッピングマイルが2倍
  • 割引運賃でもマイルが100%貯まる
  • マイル有効期限がない
  • 搭乗ボーナスマイル
  • 半分のマイルで特典航空券に交換
  • eJALポイントが貰える

学生のうちはJALカードnaviを活用して、そのあとでJAL CLUB ESTに入会するのが良いと思います。

ちなみにJAL CLUB ESTの代表的な特徴は下記の通りです。

  • 年会費は合計7,700円
  • 5,000eJALポイントが毎年貰える
  • 国内線サクララウンジに年5回入れる
  • 国際線のビジネスクラスチェックインカウンターを使える
  • 毎年2,000フライオンポイントが貰える
  • ショッピングマイルが2倍になる
  • マイル有効期限が5年間になる

JALの上級会員になるのに役立つ特典が豊富ですが、上級会員を目指さなくても十分過ぎる性能を持っています。

以上、この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

Sponsored Links