初海外は一人でシンガポール(その3)

2019年10月18日

ホテルのチェックアウトを済ませ、いざシンガポール観光へ!実質1日しかないので観光スポットを全力で周ります!

シンガポール植物園

2015年にシンガポール初の世界遺産に登録されたシンガポール植物園。49haの広大な敷地に熱帯特有の植物が植えられています。入園料は無料ですが、園内にある国立洋ラン園に入るには大人5ドル(約450円)必要。せっかくなのでぜひ洋ラン園も観ていってください。

園内は整備が行き渡っていてきれいです。10月上旬で気温は30度ほど。広い園内を歩き回って汗だくになりました。無料ということもあって散歩やランニング、太極拳(?)をしている地元民もいました。

熱帯なのでが心配だと思いますが、シンガポールでは蚊の駆除が徹底的に行われており、郊外ではまず刺されることはないみたいです。念のため虫よけをしておけばバッチリでしょう。

園内には日本ではみかけない植物がいっぱい!感動します。外国行くのってやっぱり刺激になるんだなぁ…

アジサイをオレンジ色にしたような植物もありました。今度行ったときはちゃんと名前覚えて帰ろう。

右手の建物は洋ラン園の入口。この近辺には出店やレストランがあって、一番人が多かったです。

入園料を支払って洋ラン園に入ってみます!さすが有料だけあって外とはまたつくりが違います。

当たり前ですがトロピカルな植物でいっぱい。カラフルです。

これが洋ランかな?色も形もかわいらしいですね。

そういえば園内でリスが走り回っているのを見ましたし、池ではカワウソらしき動物も見かけました。公園としては後で紹介するガーデンズバイ・ザ・ベイもありますが、そちらはかなりアトラクション感覚で人工的。純粋に自然を楽しみたい方はシンガポール植物園へ行ってみてください。

住  所:1 Cluny Rd, Singapore 259569
営業時間:5:00~24:00
休 園 日 :なし
料  金:無料(国立洋ラン園は有料)
電  話:+65 6471 7138
Visit Singapore HP(日本語)

マリーナベイ・サンズ

2010年に開業した総合リゾートホテルで、マーライオンに次ぐシンガポールの顔的な存在となっています。

高層ビルに船を乗っけたようなインパクトのある建物。

隣接してアートサイエンスミュージアムという施設があるのですが、その前の池の蓮が綺麗で、思わずパシャリ。シンガポールのビル群も青で統一されてて綺麗です。

1階から中に入るとショッピングモールになってました。すごい広さです。

なんと中には川と船!お金かかってるなー。

他にカジノやフードコートもありますし、展望デッキへ上がればシンガポールの街が望めますが、稲光が出だしたので高いとこに行くのはやめときました。また次回、天気の良いときに来ます!(ホテルですからむしろ泊まりに来ます)

住  所: 10 Bayfront Ave, シンガポール 018956
営業時間:10:30~11:00(ショッピングモール)
休 業 日 :なし
料  金:無料(有料施設あり)
電  話:+65-6688-8868

ガーデンズバイ・ザ・ベイ

マリーナベイ・サンズのすぐお隣にある公園。入園料は無料ですが、チケット購入が必要な有料エリアもあります。

シンボルのスーパーツリー。スーパーツリーをつなぐスカイウェイには8ドル(約700円)で登れます。下から見るだけでも十分迫力ありますが。

有料施設のクラウドフォレストとフラワードームはセットで28ドル(約2,400円)。これはなかなかの値段ですね…

こちらはフラワードーム。メルヘンチックな雰囲気です。世界の大陸ごとにエリアが分かれていて色んな植物を観ることができます。

躍動感のあるつくりもの。ちょっと怖い気もするけど…

こちらはクラウドフォレスト。入ってすぐに大きな滝があり、ここでみんな写真を撮るもんだから渋滞します。でもすごい迫力です。

塔内部のエレベーターで上がり、外周の通路を下っていきます。

あ、ウツボッ…もといウツボカズラだ!

迫力あるけど、これだけの量の植物手入れできるのかな…

ところどころ装飾があったり、塔の内部には展示があってすごく楽しめました。ただ料金設定は高すぎるような…

住  所:18 Marina Gardens Dr, シンガポール 018953
営業時間:5:00~2:00(施設により異なる)
休 業 日 :なし
料  金:無料(有料施設あり)
電  話: +65-6420-6848
Visit Singapore HP(日本語)

マーライオン公園

マーライオン公園はマリーナベイ・サンズの対岸にありますが、海上通路を使って1.5kmほどなので歩いて行ってみます。

左手のぐるぐるの中が通路で、左奥のマリーナベイから渡ってきました。右手の花のような建物はアートサイエンスミュージアム。雷がゴロゴロ鳴ってるので足早に進みます。

通路を渡りきりました。中央右手に小さくマーライオンが見えます。

近づいてきました。途中、白人男性がマリーナベイをバックに写真を撮ってくれと言ってきたので撮ってあげましたが完全なる逆光。写真を見た彼は微妙な表情をしてましたが私のせいじゃありません。私のせいじゃ… 気にせず進みます。

やっとつきました!世界三大がっかりと言うものの意外と大きいし水量もあるし。全然がっかりじゃありません。バックのビル群も綺麗です。

住  所:1 Fullerton Rd, シンガポール 049213
営業時間:終日(深夜に放水停止)
休 業 日 :なし
料  金:無料
電  話:なし
Visit Singapore HP(日本語)

短い時間でゆっくりはできませんでしたが、シンガポールの観光名所を全力で回ってきました。ここからチャンギ空港に向かい、深夜発の便で日本へ帰ります。

シンガポール(その2)へ

シンガポール(その4)へ