『北海道神宮』の桜!見頃や開花状況をお伝え【札幌観光】

北海道神宮の桜見頃と開花状況【札幌観光】
旅行男子

北海道神宮は桜の名所らしい。見頃とか、開花状況を写真で見たいな。

そんな方に向けて、筆者が現地を訪れ入手した情報をお伝えします。

写真やアクセス、お土産情報なども載せているので、きっと役に立つはずです。

この記事を書いているのは写真家兼ライターの「とも」です。

全国を旅しながら風景写真を撮影したり、旅好きの皆さんに役立つ情報をお伝えしています。

そんな筆者は2021年4月から5月にかけて東北と北海道の『桜名所巡り』を実施しました。(そのまま北海道に移住)

北海道神宮にも訪れたので、その際の情報をもとにお話していきます。

ということで今回は「『北海道神宮』の桜!見頃や開花状況をお伝え【札幌観光】」というテーマで記事を書きます。

Sponsored Links

目次

北海道神宮の桜 開花状況と見頃

北海道神宮の桜 見頃と開花状況

北海道神宮の桜は、例年5月上旬に見頃を迎えます。

筆者は2021年4月28日に訪れて開花状況は満開でした。この年は全国的に開花が早かったので、満開になるのも早め。

ちなみに、北海道神宮のすぐ隣にある「円山公園」も同時期に見頃ですが、同じ札幌市の「モエレ沼公園」は5月上旬〜中旬とちょっと遅め。

同じ市内でも場所によって見頃時期はズレるので注意しましょう。

POINT

北海道神宮と同時期に新ひだか町の二十間道路も見頃を迎えます。桜名所100選にも選ばれているスポットでおすすめです。

北海道神宮の概要とアクセス

北海道神宮の概要とアクセス

北海道神宮は桜の名所として有名なスポットです。

初詣客も毎年およそ70万人ということで道内一の規模。さすが名前に『北海道』を冠する神社ですね。

歴史は比較的新しく、明治2年の創建。当時、政府から懸案とされていた蝦夷地開拓のために開拓三神が祀られた神社です。

元は「札幌神社」という名称でしたが、1964年に明治天皇も祀られることとなり、名称を改め『北海道神宮』となりました。

境内には「エゾヤマザクラ」を中心に1400本もの桜と200本ほどの梅が植えられ、まだ寒さの残る北海道に春を感じさせてくれます。

アクセスについては、札幌市街地にあるので悪くありません。

バスもあるし、地下鉄なら円山公園駅を使うと良いです。

車だと周辺の有料駐車場を使うことになりますが、実はこれが結構高い。

筆者が使った「北海道北一条駐車場」は、場所は良いですが1時間ちょっとで1,000円かかりました。

車のお客さんも多いので、入庫するのに待ち時間もありました。

でも公共交通だと人混みに入る可能性もあるし。

悩ましいですね、、、。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる