JAL CLUB ESTの知っておくべき特徴5つ【まとめ】

旅行男子

JAL CLUB ESTって特典が多すぎて、特典の中身がよくわからない。

そんな方へ向けた記事です。

実際にJAL CLUB EST会員だった筆者が、そのメリットから特典の中身まで、できるだけわかりやすくまとめました。

この記事の筆者は写真家兼ライターの「とも」です。

JAL CLUB ESTに入会し、その恩恵を受けてJALの最上級会員である「ダイヤモンド」にもなることができました!

実際にJAL CLUB ESTに入会した筆者なので信頼できる情報をお伝えできると思います。

そんな筆者が「JAL CLUB ESTの知っておくべき特徴5つ【まとめ】」というテーマでお話します。

Sponsored Links

目次

JAL CLUB ESTの特典と年会費

JAL CLUB ESTの年会費は?

JAL CLUB ESTの年会費は5,500円(税込)です。※2019年10月1日から消費税10%となっています。

ただし、CLUB-Aゴールドとプラチナについては2,200円です。これはショッピングマイル・プレミアムという特典が重複しているからなのですが、その詳細はCLUB-Aゴールドの特徴と合わせて別の記事でまとめてあります。

JAL CLUB ESTCLUB-Aゴールドの知っておくべき特徴

20代で筆者が使っていたJAL CLUB ESTとCLUB-Aとの組み合わせについては下記記事で紹介しています。

JAL CLUB EST CLUB-Aカード【特徴と私が選んだ理由】

これからJAL CLUB ESTの特典を紹介していきますが、「この年会費でこんなにたくさん特典あるの?」と驚くこと間違いなしです。

JAL CLUB ESTの特典は?

eJALポイントが毎年加算される

※この特典は毎年2,500マイルに変更となりました。(2020年7月1日以降)

JAL CLUB ESTに入会すると、eJALポイントが毎年5,000ポイント加算されます。eJALポイントは1ポイント1円として航空券やツアーの購入に利用できるポイントです。

JAL CLUB ESTの年会費は5,500円なので、1つ目の特典だけでほぼ元をとれることになりますね!

参考に、eJALポイントの特徴をいくつか記載しておきます。

  • 航空券やツアー代金に1ポイント1円として使える
  • 10,000マイル→15,000ポイントで交換できる
  • 有効期限は約1年(1年後の同月末まで)
  • 有効期限はポイント追加交換で更新可能
  • eJALポイントで飛行機に乗ってもマイルやフライオンポイント(FOP)が貯まる

この中で大事な特徴が2つあります。

1つ目は、マイルからの交換でeJALポイントを追加すると、有効期限が更新されるということ。

例えば、特典で貰った5,000ポイントは放置しておくと約1年で無くなってしまいますが、マイルからeJALポイントへの交換を行うと、元々あった5,000ポイントの有効期限も新たに交換したeJALポイントと同じ有効期限に更新されるのです。

この特徴を上手く利用すれば有効期限を実質無くすことができます。

2つ目は、eJALポイントで飛行機に乗ってもマイルやFOPが貯まるということ。

eJALポイントと同様にマイルから交換できる「特典航空券」ではマイルやFOPは貯まりません。しかし、eJALポイントで購入した航空券やツアーでは通常通りマイルを貯められます。

マイルを貯めたい方はもちろん、FOPを貯めてステイタス修行をしている人にとっても使い勝手の良いポイントなのです。

そんなeJALポイントが毎年5,000ポイント貰えるのは嬉しいですね。

ショッピングマイルが2倍になる

JAL CLUB ESTに入会すると、買い物で貯まるマイルが2倍になります

これは、「ショッピングマイル・プレミアム」というオプションが付帯されるためです。通常は3,300円を支払って付帯するオプションですが、JAL CLUB ESTには標準で付いています。

飛行機に頻繁に乗るわけではなくても、普段の買い物でマイルが倍貯まるなら入会するメリットは十分あります。

また、あわせて活用してほしいのが「JALカード特約店」です。

JALカード特約店でも貯まるマイルが2倍になるので、JAL CLUB ESTに入会していれば通常の4倍マイルが貯まります

参考に、JALカード特約店の有名どころを記載しておきます。

  • イオン
  • エネオス
  • ファミリーマート
  • マツモトキヨシ
  • 紀伊国屋書店
  • ルートインホテル

普段利用するお店も少しはあるのではないでしょうか?特約店はこの他にもたくさんあって、全国には約54,000店舗もあります。

JAL CLUB ESTとセットでお得なJALカード特約店をぜひ活用してみてください。

JALが運営するラウンジが利用できる

JAL運営のラウンジつまりは「サクララウンジ」が利用できます

サクララウンジでは、保安検査を受けた後の待ち時間を無料のドリンクを飲んだり、新聞雑誌を飲んだり、あるいはシャワーを浴びたりしてゆっくり過ごせます。生ビールも飲み放題。

詳細については後ほどお話しますが、サクララウンジを利用することで旅の充実度がグンと上がるのは間違いありません。

フライオンポイント(FOP)が毎年加算される

FOPは「サービスステイタス」を取得するために必要なポイントで、そのFOPが毎年2,000ポイント貰えます

サービスステイタスはJALの上級会員資格みたいなもので、持っていると色んなサービスが受けられます。詳細は下の記事で詳しく記載しています。

JALのサービスステイタスとは?

サービスステイタスに興味のない方には何のメリットにもなりませんが、取得を目指す方には大きな特典です。

上級会員の1つであるJAL GLOBAL CLUB(JGC)への入会にも役立つわけですが、それは後ほど解説します。

ボーナスマイルが加算される

JAL CLUB EST会員は毎年1,000マイル貰えてフライトマイルも5%増加します

この特典は入会していれば自動的に貰えるのではなく、飛行機に乗って初めて貰える特典なので注意してください

毎年最初の搭乗で、JALカード普通会員なら1,000マイル受け取れますので、JAL CLUB EST特典と合わせると合計2,000マイルが受け取れます。

フライトマイルも同様に、普通会員の10%に5%を合わせた15%が毎回ボーナスとして貰えます。

マイル有効期限が伸びる

通常、マイルの有効期限は3年間ですが、JAL CLUB EST会員はマイルの有効期限が5年になります

長い期間マイルを貯められるということは、国際線特典航空券など、価値の高い特典への交換が可能になるということ。

「マイルが貯まる特典」と「マイルを長く貯められる特典」の抜群の組合せがJAL CLUB ESTにはあるのです。

ビジネスクラス・チェックインカウンターの利用

国際線を利用する際にビジネスクラス・チェックインカウンターが利用できます

国際線ではほとんどの人が荷物を預けますし、手続きに慣れていない人も多いのでチェックイン・カウンターは大混雑することもあります。

しかし、混雑するのは客数の多いエコノミークラスがほとんどで、ビジネスクラスは客数が少ないのであまり混雑しません。

JAL CLUB ESTならエコノミークラスの行列を横目に、「ビジネスクラス・チェックインカウンター」で一足先にチェックインできてしまいます。

特典の概要紹介は以上です。

下の記事では、JAL CLUB ESTの年会費に焦点を当てたり、学生限定カードのJALカードnaviとの比較でお得かどうか考察しています。

JAL CLUB ESTの年会費は高いの?安いの?【各特典のお得度】

JAL CLUB ESTに学生が入会するメリットは?【JALカードnaviとの比較】

ここからは、各特典や会員期限について掘り下げた内容を解説していきます。

JAL CLUB ESTはマイルを貯めるのに最適

マイルが貯まる充実した特典

特典の内容については既に述べたとおりですが、この中でも下の3つはマイルを貯めるのに非常に役立ちます。

  • ショッピングマイルが2倍貯まる
  • ボーナスマイルが加算される
  • マイル有効期限が5年に伸びる

この3つの特典の詳細と、特典を有効利用したマイルの貯め方について下記記事で紹介しています。

JAL CLUB ESTがマイルを貯めるのに役立つ理由

JALカードSuicaにすれば、Suicaの利用でもマイルが貯められるようになりますし、JAL CLUB ESTとの相性も抜群です。このことを解説した記事のリンクも貼っておきます。

JALカードSuica CLUB EST【特徴をわかりやすく解説】

JAL CLUB ESTで利用できるサクララウンジとは?

国内線用サクララウンジが利用できる

JAL CLUB EST会員は年に5回国内線サクララウンジを利用可能です。

サクララウンジではソフトドリンクにアルコールが飲み放題。スマホやパソコンの充電もできて、羽田空港のサクララウンジではシャワーだって浴びることができます。

入室の仕方はとても簡単で、ラウンジ受付にあるリーダー(保安検査場と同様)に、保安検査で使ったチケットやICカードを読ませれば受付完了です。

ちなみに、JAL CLUB EST特典では同行者1名もラウンジに入室できます。受付には係員さんがいるので、「同行者1名もお願いします」と言えば「同乗者様の搭乗券もリーダーに読ませてください」などと指示がありますのでそれに従ってください。

同行者が家族か友人か同僚か分かりませんが、素敵なラウンジを喜んでくれることに間違いありません。

もう一つ参考情報ですが、通常サクララウンジは上級会員やファーストクラスでしか利用できませんが、羽田空港サクララウンジだけは3,000円支払えば利用できます。

これを基にサクララウンジ5回の価値を計算すると15,000円になるので、この特典も十分お得です。

そんなサクララウンジについて、下記記事では写真もつけて解説しています。

JAL CLUB EST会員が利用できるサクララウンジってどんなところ?【写真付き】

国際線用サクララウンジは利用できない

サクララウンジには国内線用と国際線用がありますが、残念ながら、JAL CLUB EST会員が利用できるのは国内線用のみ

国際線用サクララウンジは国内線用より充実していて、飲み物にはワインやカクテルがあったり、「JALオリジナルビーフカレー」をはじめとした食事も用意してあります。

どんなところか気になるし、どうやったら利用できるのか知りたい!という方向けに、下記記事では国際線サクララウンジについて写真付きで紹介しています。

JAL CLUB ESTでサクララウンジ国際線は利用できる?

JAL CLUB ESTはJGC修行に役立つ

JAL CLUB ESTの特典で貰えるFOPは、サービスステイタスを取得するのに必要なポイントで、サービスステイタスを取得すると、サクララウンジの利用やチェックインでの優遇、マイル加算などのサービスを受けられます。

サービスステイタスは1年間に貯めたFOP(あるいは搭乗回数)によって決まり、FOPは次の年に繰り越すことができないので、1年間に集中して貯める必要があります。

また、サービスステイタスには有効期限があるので、「サービスステイタスを持ち続けるにはFOPを貯め続けなければならない」ということになります。

これには莫大な費用がかかるので、仕事などで頻繁に飛行機を利用する方以外には大きな負担となってしまいます。

ここで搭乗するのが、JALグローバルクラブ(JGC)です。JGC会員になれば大幅に費用を抑えてサービスを受け続けることができます

JGC会員になるためには、サービスステイタス「サファイア」を達成する必要があり、サファイアからJGC会員になることを目指してFOPを貯めることを「JGC修行」と言います

参考にステイタスごとに必要なFOPを記載しておきます。

  • クリスタル…30,000ポイント以上
  • サファイア…50,000ポイント以上
  • JGCプレミア…80,000ポイント以上
  • ダイヤモンド…100,000ポイント以上

「JAL CLUB ESTに入会していれば、サクララウンジもビジネスクラスチェックインも使えるし、これで十分。」

という人もいるかもしれませんが、会員期間である20代を過ぎたらサービスは受けられなくなるし、JAL CLUB ESTにはこれから挙げる特典があるので、この特典を活かしてステイタスを取得したほうがお得です。

FOPボーナスがJGC修行に役立つ

JAL CLUB ESTでは毎年FOPが2,000ポイント貰えます。

FOPは飛行機に乗ること以外ではほとんど貯めることができないポイントです。しかも、乗る路線や運賃にもよりますが、1ポイントの価値は10円近くにもなるので、最も達成しやすいクリスタルでも30,000FOP=300,000円近くかかることになります。

たかが2,000ポイントと言っても、20,000円近い価値のポイントを貰えるのですからこれは十分お得です。

JGC修行に役立つその他の特典

上記のとおり、FOPは飛行機に乗ること以外ではほとんど貯めることができません。

ということは、JGC達成のためにはより安くで飛行機に乗る方法を考えなければなりません。

JAL CLUB ESTなら、特典で貰えるeJALポイント5,000ポイントを航空券購入に利用したり、ショッピングマイル・プレミアムやボーナスマイル特典で貯めたマイルを交換してさらにeJALポイントを貯めることで、その分安く飛行機に乗ることができます。

また、修行中でもサクララウンジを利用すれば精神的にも肉体的にも負担を軽くできます。

以上のとおり、JAL CLUB ESTの特典はJGC修行に大いに役立ちます。

下の記事では特典の活用方法をさらに詳しく書いています。

JAL CLUB ESTがJGC修行に役立つ理由

JAL CLUB EST会員でいられるのはいつまで?

会員が30歳になったらどうなるの?

JAL CLUB EST会員が30歳になっても、即刻退会させられるということはありません。

厳密に言うと、会員期間は30歳になった直後のカード有効期限月までです。

また、会員期間が切れる時点でまだカードの有効期限が切れていないこともあると思いますが、その場合、カード有効期限を迎えるまでは一般カードとして使用可能です。

見た目はJAL CLUB ESTカードですが、機能は一般カードになるということです。

ただ、ある特典が有料オプションとして残ってしまうので、これを残すか残さないか考える必要があります。

JAL CLUB EST会員が30歳になったらどうなるの?

以上、JAL CLUB ESTの知っておくべき特徴についてのまとめ記事でした。

私も20代で実際に活用しましたが、 マイルを貯めたり、JGC修行に役立つだけでなく、 サクララウンジやビジネスクラス・チェックインが利用できるなど、特徴ある特典も揃った心底おすすめできる会員制度なので、ぜひご活用ください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる